« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

夏は行ってしまった・・・

Bye_now_1 慌てて探しに行ったのですが、時既に遅し。もう、居ません。
 それでも笑う向日葵に、いまだ伸び行く朝顔の蔓。
 ともあれ、さらば 夏。

Ybe16  去り行く季節に、歩み入る季節。稲穂がたわわに実る田圃には、早くも黄金色に染まり始めているところもありました。

 5万キロまであと400kmだったので、消化試合的に走り回った今日。しかし、落ちている毬栗を拾ったら、なんとなく 「・・・帰るかな」。あと丁度100kmで到達、というトコロでした。

Bye15  帰宅すると、右エアクリ辺りからオイルがポタポタ。試しにカバーを空けてみると、ボックス表面下半部にはオイルがべっとり。う~む。素人の自分にはさっぱり。ちなみにフィルターは綺麗だし、ドレンチューブにもオイルは溜まっていませんでした。
 先日XS650さんにお伺いしたところ、曰く「~ぶろうばいなんちゃらがどうしたこうしたで、つまりは別に気にせんでイイ~うんぬん~」だとか。ただし、「キャブは1回OHした方が良い・・・」との事でした。ふ~む、ですか。

 そんなこんなで、本日はこれを入手。オンでもオフでも、バイクを愉しみましょう。

Bye_now_2_2

| | コメント (4) | トラックバック (1)

夏が行ってしまう・・・

Ve3_2  去り行きつつある夏を追いかけて、美ヶ原高原まで行ってみました。前日から当日の朝方までたっぷりと降り注いだ雨の名残を引きずって、低い空にはどんより重い雲。あまりパッとしない天気でした。
 それよりもなによりも、寒い。Tシャツに綿のジャケットの計2枚では、鼻水が垂れます。

Ve2_2  いつもの高原上のGSで給油をした際に伺ってみますと、「・・・雨だともうこんなもん(この寒さ)だよここ。今朝登ってきたら11度だったんで、ストーブ焚いたよ。」 ・・・・・だそうです。
 ただし、どうも寒かったのはこの日(22日)だけのようで、まだ暫くは残暑が厳しいようです。最近どうも、ツーリング時の天候打率が悪い自分。スランプか。

Ve1 富士見台では、母80歳・息子60歳くらいの親子さんが躍起になって富士山を探していました。車のナンバーを見ると群馬。お2人ともそこそこ高齢なのに、頑張っていらしたのですね。
 「ほらあすこ!見えるべ。ここんとっからこう、この棒くれをの後ろから見れ。すっとほらここにあんべ!薄っすら見えっぺが♪」 とかなんとか一生懸命、母の婆様に富士山を拝ませようとする息子のおっちゃんですが、この婆様、何故か隣でボ~っとしている自分とバイクが気になるようで、全然見てやしないのです。
 「見えました?富士山。薄っすらで残念ですけどね~」とその婆様に話しかけてみると、ニカッ♪と皺くちゃの顔をもっと皺くちゃにさせつつ、きっぱりと、「見えん!」。息子のおっちゃんの憮然とした表情に、悪いけど笑ってしまいました。まああれです。お2人とも達者で。。。

 そんなこんなでさよならビーナス。下界に近づくほど雲は遠退き、気温も上昇。しかし、既に夕刻近い街並みは、もうバイクで走ると涼しい季節になっていました。
 次の休みは1週間後。天気予報では、またしても雨。しかもその日のみのピンポイントで御座います。あんまり苛めんで欲しいものです。

Ve4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

double W ~ 愉快なひとびと

Ww3_5  タカミーさんと志賀・草津方面を軽く流してきました。蒼い空。白い雲。そして緑の大地。・・・いいんですこれが。
 小休止に停まった横手山ドライブインでは、ソロツー中らしい女性ライダーさんと暫しの談笑。野沢温泉に行くとか。お気をつけて。
 そして傍らを駆けまわる少年。子供というのはいつも走っているな。すくすく育てよ。。。

 さて。久々に再会したタカミーさんですが、メットはフルフェイス、そしてメッシュジャケットにメッシュグローブにメッシュパンツと、ほぼ全面的にメッシュな人になっておりました。
Ww8_4  最近めっきりオフにお熱のようですが、それらを含め名○の店長さんに熱く指導を受けられている(バイクよりお酒の指導?という噂も?)とかで、走りに一段と磨きが掛かっているようです。先導をお願いしたら、「・・・ひい~~~~~~イン♪」とすっ飛んで行かれました。無理無理。追いつけん。

Ww6_6   白根山手前では、いきなり車が右向け右!状態で渋滞しておりまして、何事かと思えば、なんと日本カモシカがキョトンと突っ立っていたり。
 「次はいつかな~来年かな?」等と名残惜しみつつも、早めの午後にそれぞれ帰路につきました。
 タカミーさん、またいずれ!

  ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 その後、近所のGSで給油していると、隣の喫茶店にXS650が。あれは・・・確か先日、パーツ屋さんでお逢いした・・・方?
 「ありゃ偶然♪」 「こりゃ奇遇☆」 と相成りまして、せっかくだからと軽く近所の山道へ。

Ww9_3  峠で一服していると、先ほど抜かしたハーレー乗りさんがやってきました。よくよく話してみると、このハーレー乗りさんも以前はW6に乗っていらしたとか。
 そうこうするうち、突然「あ~~っ!」とXS650さんの雄叫びが。この方、W6は試乗したことがあり、その軽快さに感心した、という話を以前されておりましたが、どうやら試乗させてあげたそのW6乗りとは、在りし日のこのハーレー乗りさんだったようです。「そ~だこのヒトだったこのヒト!」
 ・・・今頃気付く、と。・・・手強いなこのヒト。。。

 そんな一日でした。今夏で一番楽しかったり。
 な?わんこよ。

Ww5
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

パニア vs チャレンジバッグ

 実際便利なんですパニア。よく出来た息子(居ませんけど)のように、いかなる場合もほぼ心配無用。しかし、出来の悪い子(居ませんけど)ほど可愛いと申しますか、停車する度に、「おいおまえら大丈夫か?」というようにバッグの所在を確かめざるを得ない、今やボロ雑巾のようにヘタれたあのチャレンジバッグがとても懐かしいのです。

 そんな本日。帰宅バス待ちの時間潰しに立ち読みしていたバイク雑誌の紙面に、同様のバッグを装着したキャンプツー仕様のW6を発見。
 「・・・うむ」
 なかむらさん曰く、「スタイルに殉ずる」のも、やはりアリかと。ということで、暫くパニアはステーもろとも外そうと思います。中古で手に入れたので錆び錆びでしたし。離さんか!じじい(=花咲かG)ででも磨いておくか、と(多分磨かない)。

 なんてことを考えつつバス停に行くも、待てども待てどもバスが来ませんよ、と。
 ・・・なるほど。お盆期間は休日運行ですか。

K

 W6。そろそろ5万kmに達します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東北へ 6 ~完結~

 8/3~9の6泊7日、総走行距離2,279km。その行程はほぼ全面的に雨天でしたが、酷暑の折、これはこれで体力的には助かったのかも知れません。要所要所では陽が覗くこともありましたし。
 大変楽しみだった蔵王エコーラインや八幡平をはじめ、初日の台風影響下とその後の悪天候に、やむなく撤退を余儀なくされたイベントも多々ありましたが、その反面、バイク乗りをはじめとした多くの人々と親交を深めることが出来ました。そうしたことのほうが、実は旅の一番の収獲なのかも知れないな、などと振り返ってみたりしております。

 それにしても色々ありました。温泉帰りに真っ暗な森のなかを道に迷ったり。やっとキャンプ地に辿り着いたと安堵も束の間、今度はバイクの鍵を失くしていたり。また雷雨のキャンプ中、懐中電灯がお釈迦になったり。そして極め付け、夜中にW6がキュウキュウ啼くかと思えば、おばけ(?)が夢枕に立っていたり・・・などなどなど。

 暫くして整理が付きましたら、何らかの形で跡を残そうかと思います。
 さて。次はいよいよ北海道へ行きたくなりました。
 
 いつかきっと、です。

T16

| | コメント (7) | トラックバック (0)

最終夜

最終夜
圏外にいます。これをUP出来るのは明朝、圏内に走り入ってから。旅の名残を惜しみつつも、元気に帰路についていることでしょう。

ここは、平家の落人伝説の地、檜枝岐村。現在20:54。
雷雨の中でのテント設営でしたが、今や満天の星空です。

万屋のおっちゃんと、CBR954のおにーさんとの出会いに感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅生SAにて

菅生SAにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋穂温泉

秋穂温泉
豪雨の中。

負けじと唸る蝉時雨。
先客のじーさまは「あいーん♪」と叫びましたとさ。
さて。何処に向かいましょう。明日には日常に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレイクタイム

ブレイクタイム
昨夜の雨でテントが泥んこなので、今夜はビジホへ。
仙台にいます。どでかい街です。

画像はJUNさんに頂いたひこにゃんバッヂ。すっかり旅のお守りに。高速チケット入れに付けています。
ETC付けろって?いえいえ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中尊寺

中尊寺
雨で思うように走れずクサっておりましたが、これでよいのです。

金色堂に拝謁。素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平泉へ向かいます

平泉へ向かいます
雨の中、キャンプ撤収。なかなかに降りました。昨夜のテント設営時、やたら蜘蛛が多かったのは、これかと。

今、朝飯に寄ったコンビニで、昔W1Sとエンフィールドに乗ってらしたというお父さんに声を掛けられました。

半分しか翻訳出来なかったのですが、なかなか良い朝となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行き当たり罰旅

行き当たり罰旅
三沢市の、どこぞの湖畔でキャンプです。

現在、ジェット機とモスキートの騒音に悩まされております。

色々あった本日。かっこよくはいかないものです。詳細は後日あらためて。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

そして

そして
本州最北端に。

さてと。これからどうしようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恐山

恐山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅半ば

旅半ば
素晴らしい夜でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ねぶた

ねぶた
凄いです。こりゃ凄いわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼飯

昼飯
秋田の花輪SAでこのお二人のレディとご一緒に。きりたんぽに、新鮮なトマトときゅうりの漬物を馳走になる。

雨なのに、最高にカラッとした気分。

これから雨の中、十和田へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝飯

朝飯
輪ゴムみたいな牛メシでした。

仙台を越えて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一進一退

一進一退
噂にたがわぬ硬派な湯。一浴びの価値あり、です。

今は山形。明日は、少し距離を稼ぐ動き、を採ろうかと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

蔵王へ

蔵王へ
愛知のV.MAX乗りさん、先程はどうも有難うございました。。お互い良い旅を!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

磐梯山ゴールドライン

磐梯山ゴールドライン
ガスっていて見えません。
そろそろキャンプ地を探します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いきなりトラブル

いきなりトラブル
左テールランプ・バルブ切れ。やれやれです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発前夜

 明日の朝、空を見て、一路北上するか、もしくは一旦東進の路を採るか、を決定しようと思います。

 それでは。
 暫く留守致します。

Touhoku_3   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IRC GS-19

Natsu3 旅前にフロントタイヤを履き替えました。リアをアコに履き替えた時もそう思ったのですが、TTより肌が合うなぁ、と。非常に素直なハンドリングで、タイヤの接地感も上のような気がします。

 皮剥きがてらに200kmほど高原道路を走りました。いやはやもうしっかり夏!ですね。

 さて。
 いよいよ明後日より1週間の東北ツーに出発です。接近しつつある、台風5号(アジア名:USAGI/ウサギ)の動向が懸念されますが。ぴょんぴょん跳ねなさんなよ。
 それともうひとつ。どうもエンジン、パワーダウン(とでも言いましょうか)しているようです。

 ゆるりと参りましょう。東北。

Natsu5_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »