« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

STAMP RALLY

20080831b 北海道では、ホクレン(全道農協給油所)でスタンプラリーをやっていました。期間中に給油すると、5リットルにつきスタンプ1コ押印して貰えます。そして8コ集めれば全ての賞(ライダー賞、ホクレン賞、HONDA賞の3つがある)に応募が可能で、抽選で希望の景品が当たる、というわけです。締め切りは9月15日。忘れるところでした。
 自分は給油2ヶ所目において、『はははっ。全部押したった♪』という陽気な親父さんに出逢いまして、はや達成。

 さてと。何を貰おうかな~♪(当たる気でいる)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リヤタイヤ交換

20080827a 北海道減りしていたリヤタイヤを交換。通算6回目。フロントもそろそろですが、もう一仕事して頂きます。ところでタイヤの価格、騰がりましたね~。洒落にならん。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

Long Way Down ~DVD~

Lwd2_2 待ち焦がれている、ユアン&チャーリー・コンビのアフリカ縦断バイクの旅 “Long Way Down” の日本語版DVDがとうとう発売される模様です。ただし、ちょい先の10月下旬だとか。お預け喰らったわんこのようにならぬよう、大人しく待つことにしましょう。とても楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消えたニポポ

20080821 北海道で唯一自分の為に買ってきたお土産、網走刑務所のニポポ。新潟で落としたらしい他の全てのお土産とは別に、サイドバッグの中に放っておいたので、これだけは無事かと思っていたのですが・・・・これがまた、無い。幾ら呼んでも出てこない。不思議だ。
 旅の想い出こそ心には膨大に刻まれているものの、結局物理的に残ったのは、これだけ。

 北海道。またいつか。

2008082102

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バイクの日

 昨日(8月19日)はバイクの日だったようです。だからどうした、と言われても困るのですが。

819

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅を終えて 2

20080807

 自分と入れ替わりに北海道をツーリング中だったせっきぃさんから先程メールがありまして、嫌々ながらも帰りのフェリーに乗船した模様です(笑)。最後までお気をつけてお帰り下さい ませ。
 上の画像は強引に360度パノラマ化した美幌峠よりの眺望。色々想い出します。旅から帰ってまだ1週間も経っていないのに、遥か昔の事のように感じますし、かと思えば未だ旅の途中のような気もします。はいそうです。社会復帰出来ていません。。。
20080806b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旅を終えて

Hokkaidou_3 ということで無事行って参りました北海道。ひとまずまとめを。

 日程は6泊7日。利用した新潟~小樽間航路の新日本海フェリーは、往復路それぞれ朝の10時30分に出港し翌朝早く(往路は4時半、復路は6時)に入港する便です。よって、道内走行は実質4泊4日。どこまで走れるか全くの未知数でしたが、結果予定通りのルートを存分に堪能できた北海道ツーリングとなりました。総走行距離は2,595km。4泊ともキャンプ泊でした。

 その軌跡は上の画像通り。小樽から時計回りにコマを進めました。まずは海沿いを延々北上し、サロベツ原野を経て、野寒布岬、そして日本最北端の宗谷岬へ。少し南下した浜頓別にあるクッチャロ湖畔で1泊目となりました。翌日はいったん内陸に入り名寄のひまわり畑を目指し、その後は再び海沿いへ出まして紋別~サロマ湖~そして網走へ。予定ではここで2泊目となるはずでしたが、ペースが良いのでそのまま美幌峠を越えて屈斜路湖まで進み、先にテントを張っておいて摩周湖周遊。この日が1番走ったのかな?続いて3日目は阿寒湖は素通りし足寄~上士幌~そして行き止まりのナイタイ高原。戻って北上し三国峠を越えればそこは旭川で、ここで折り返して富良野へと南下します。ここでで3泊目。そして最終日は日高峠経由で支笏湖を目指しましたが、寄り道して千歳空港へ。生キャラメルを入手する使命を背負っていたのです。それでも昼過ぎには支笏湖畔でテントを張り終え、せっきぃさんの到着までにとオロフレ峠まですっ飛ばして行きました。明けて5日目は早朝より小樽港まで脇目も振らず・・・・・とはいかず、羊蹄山を掠め、さらには毛無峠というなかなかなワインディングが♪~~~~なんて調子コイていたので微妙にヤバかったです、乗船手続き時間まで。

 という上記のような道中は、全て4時起き8時就寝とまるで鳥のような生活リズムでした。各日12時間前後の走行時間でしょう。北海道独等の走行ペースと直線道路のお蔭で、リアのセンターが物凄い減りました。普段の倍のペースでスリップサインがこんにちは♪してます。上陸前はタイヤの状態に要注意です。
 あともうひとつ注意点といえば、日中はそこそこ気温も上がりますが朝は非常に寒い。15~20℃しかありません。また、ごく一部区間では雨にも降られたのですが、雨が降るとこれまた輪をかけて寒いです。これに対する準備が失敗だったかな。あと失敗といえば、気に入っていたイエロー・グラスのグラサンを失くしたことと、新潟のどこかの路上にお土産が丸ごと落ちているであろうこと。そういえば靴下が片方見付からない。今朝のフェリーの乾燥機の中か?今頃は折り返し日本海を北上しているのかも知れません。
 
20080811  ということで、今夜は久々布団で寝れます(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北海道へ20

北海道へ21
無事帰着。休む間もなく、パニアステーからグラブレールに換装。
部屋を換気して、洗濯して、植木に水やって、テント干して、エンジン冷えたら洗車に注油。

旅は後始末が一番忙しいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ19

北海道へ19
予定より5分早い、5時55分、新潟港に接岸予定。
さて、あと2〜3百キロも走れば旅もおしまいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ18

北海道へ18
船は積丹半島沖を静かに南下中。陽光・洋光眩しく、風たおやか。

一夢庵風流記を読了。命懸けな悪戯野郎のハナシ。

今のうちにW6を洗車しといてやりたい気分です。シャワーを浴びてビールも呑んで昼寝もしたし読書も終えた。自分だけサッパリして、すまぬすまぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ16

北海道へ16
16が抜けていました。

ということで、無事乗船。出航前ですが、もう呑んでしまいましたとさ。

この後は読書へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ17

北海道へ17
羊蹄山を眺めながら、最後の一服中です。
10時30分の小樽発で帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ15

北海道へ15
せっきぃ塾夏期講座終了。

自分にとっては講師様ですが、相変わらずのナイスガイ振り。さすがでございます。

時を同じく、出雲の国ではなかむら氏も野営中。同じ空を眺めつつの乾杯でした。

明日も旅は続きます。
スウェルテ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ14

北海道へ14
せっきぃさんです。リヤカーでいらっしゃいましたよ。さすが!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ13

北海道へ13
静岡にしちゃ寒いな。風が秋のようです。

せっきいさんが青森港に到着した模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ12

北海道へ12
父さん、今、富良野のキャンプ場なわけで。
設備もへったくれもないような場末の野営地ですが、今までで一番静かな夜、かと思われ・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

北海道へ11

北海道へ十一
五郎さん家がなかなか見つからなくて。おっかしなー六合にあるってハナシだけどなーと思っていたら、『あんたそれ、ろくごう(麓郷)違い!』とキャンプ場の管理人。

思い込みの恐ろしさよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ10

北海道へ十
ナイタイ高原、キテます。結構、キテます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ9

北海道へ9
果てぇしぃなぁいぃ〜、大空と〜、広い大地の〜♪

なんという唄でしたか、良い唄ありましたよね、松山千春の。そんな松山千春な土地に寄っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北海道へ8

北海道へ8
テントの中で、明日の思案を。

周りのテントからは、様々なエグゾースト・ノート(早い話が、鼾)がこだましてきます。

右隣は直貫で、斜め左はどうもキャブレターがイカレちょるな(笑)。

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ7

北海道7
見てください。机が有ったら有ったで、御覧のようなとっ散らかり様です。屈斜路湖畔にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ6

北海道へ6
摩周湖。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北海道へ5

北海道へ5
昨夜はクッチャロ湖で食っちゃろ寝ちゃろ。これから網走まで。

皆さんコメント有難うございます。ひとまず旅路を続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ4

北海道へ4
ダートは続くよ何処までも。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

北海道へ3

北海道3
一路、宗谷岬へ。
北海道、寒いっす!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北海道へ2

北海道へ2
海上は快晴、ただし強風により現在デッキへの立ち入りは閉鎖。そろそろ水平線に夕日が沈みます。

旅初日の本日は、出立後、即雨でした。まあそれは善いのです。50km程走り雨宿りがてらコンビニで一服ついておりますと、ハッと思い出したのです。あ!目覚めのコーヒーを煎れたあと、電気コンロのスイッチ切ったっけ?
こうして往復100kmの無駄走りから、我が旅は始まりましたとさ。

フェリーでは2等だったのですが、旅で浮かれているとはいえ全くマナーがなってない若造集団を叱ってしまいました。自分も口煩いおっさんになったものです。

小樽にはAM4時30分到着です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北海道へ1

 おはようございます。本日はAM5時出立、新潟港まで高速をバビュ~ン♪・・・・・と飛ばす予定でしたが、面倒なので(?)、もう出ます。下道をプラプラと行こうかと。
 現在、AM3時半。それでは皆様、ごきげんよう~。

20080804_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夏の白鳥夢

2008080301 GRIP SWANY を買ったつもりが、SWANY DO というまがい物を掴まされていたという・・・。嗚呼、日本の夏。

 ということで、明後日未明より、北海道へ出立致します。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

北海道へ ~充填編~

2008080103 結局いろいろ装備を補充しました。背もたれ付き椅子は、DIY店のPB¥898。机は、コールマンの三つ折小型タイプ。また、そこらの石で充分♪なんてほざいておきながら、ペグハンマーも¥189というのを見付けて笑顔で衝動買い。そしてさらに勢いに乗った自分は、なんとモンベルのドライダッフル45リットルまでも買い込んでしまいました。やるときゃやるのです(?)。ついでに山用の携帯ドライフードも幾つか買ってみました。不味そうですけど。

2008080104 一通り買い物を済ませ、最後に夜宴用のジャック・ダニエル(せっきぃさん、こいつで一献イキませう♪)を仕入れれば、さあ、これで旅の準備は万端です。あとはもう、寝て待つのみ。仕事?・・・・・・まあそれは、それ。。。。。
 ということで、いったん荷物を家に降ろし、避暑がてらに近場の高原へ。標高1,300mに開くアメリカンな店で遅い昼食を。客は自分1人。店内にはオールディーズが気だるく流れておりました。ブライアン・セッツァー・オーケストラに曲が変わったところで、再び真夏の峠道へ。

2008080101  暫く前の烈火のような酷暑の日々は鳴りを潜め、ここ当地ではいつものカラっとした正しい夏日に戻っています。どうなんだろう。北海道も夏とはいえ、結構涼しそうですね。野営用に防寒具を追備しておこうかと思います。
 帰宅後、チェーンを清掃・注油。一応各部を増し締めチェックしてみますと、アクセルワイアーの根元とマフラーの吊りボルト、及びミラーステーが何気に緩んでおりました。

 とにかく。道中無事でありますように。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »