« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

越冬対策2

20081129

 冬の乗れない期間でも“バイクを楽しむ”為に用意しているこの2品。先日、DVDの方をちょこっとだけ観てしまいました。いかんいかん。いかんぞ~今から観てしまっては。このままでは間が持たなくなる・・・と今冬の行方を危惧しておりましたところ、先程これを発見。

Sc

 ・・・・・か、カックいい。http://www.triumph.co.uk/japan/News_Articles_4262.aspx
 いえ、バイクではなく、“色”のハナシ。マットカーキグリーンと謳っているようですが、つまりは艶消し深緑です。自分は緑(自然も含めて)が大好きですので、一発でヤラレてしまいました。そしてひとつの愚考が静かに浮上。

 余っているタンク、塗っちゃう?

 塗装には向いていない季節でしょうが、丁度良い越冬期間の暇潰しになるのではないでしょうかと。用意するものは、シーラー剤、耐水ペーパー(1,000番くらいかな)、塗料にクリア、それと、コンパウンド、こんなものでしょうか。あとは根性と、低目に設定した完成予想/着地点ですか(笑)。

 ということで、逆に冬が楽しみになってきましたとさ。めでたしめでたし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

散財サイクル・ダイアリーズ

2008112808

 そうです。物欲の秋を無事乗り越えたと安堵も束の間、散財の冬がやって来た、ということであります。つまりはライディングシューズ(ブーツ)を買いました。まあ、前任のブーツは10年以上履いた訳ですから、許して下さい。

 ということで、手に入れたブツとは、ラフロの絶版品RR-5833。してコヤツ、オイルドレザー、ベンチレーテッドインナーソウル、フォクシングテープ、ゴアテックス、ビブラムソールなど、機能満載のモデルなのですが、まあ御託はイイからお前は一体どんな奴なんだ、と。

2008112809

 ははぁ・・・・・革がコナレてくると、良さそうです。ん~、踵のラバーの面積が以前のブーツよりちょいと広いかな。

2008112810

 土手や河原を歩いてもみました。軽いし丁度良い感じです。
 ガエルネのNO.145、FUGA、マックスフリッツ、ペアスロ、ダナー、カドヤにクシタニ、そしてもう1度ティンバーか?等など色々物色していたのですが、落ち着く所に落ち着いた感じです。ひとまず気に入りました。

 それにしても、こんなに足ばかり写真を撮ったのは初めてです。

2008112811

 ところでまた一段と下がりましたね。
 ホント、今春~夏のあの狂騒はなんだったのでしょうか。あれこそまさに意味の無い散財だったように思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

さらばノーマルマフラー

2008112803

 大切に保管していたW6のノーマルマフラー。sk兄貴が『それ、よこせっ』と仰るので、お譲りすることにしました。逆らえません・・・。(冗談ですよ)
 ということで、再見。

2008112807

 大根と人参・・・か。
 ところで左右の連結パイプ、太さは勿論のこと連結位置がかなり違いますね。

2008112806

 奇を衒うことなく、直線と曲線がごく自然に交互するエキパイ部、またサイレンサーにおいては、エンドに向かい虚勢無く慎ましやかに絞り込まれるそのテーパー度、なんとも女性的な美しさを感じるノーマルマフラーです。
 ・・・ですか?

2008112805

 噂によると、そのうちノーマルのマフラーでないと車検が通らない日々が来るとか来ないとか。それよりなにより今現在、同じbeetのマフラーのmugieさんなどは、先日普通にNGだったようです。
 保管しておいた方が賢明なのでしょうね。でも、sk兄貴が『よこせっ!』って(涙)・・・・(冗談ですよ♪)

 そんなこんなの本日。
 あの、“しゅるるる、ぽ~”という、暢気な排気音を懐かしく想い出していました。
 ・・・・・さよなら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大掃除

2008112607

 自分は転勤族なのですが、経験上、一所で3年過ぎる辺りからナニかとモノが溜まってくるのです(心の垢も溜まる~@種田山頭火)。現在の仮寓ではオリンピックを2回観ていますので、既に限界域に達していました。ということで、mugieさんに触発されたこともあり、本日必要不必要まとめて全部捨てました。いやはやすっきりした。
 で、懐かしいものを発掘。単コロ、SRのカタログです。

2008112608

 こちらはW6の。ビートルズの通称“ホワイト・アルバム”のようなエンボス加工のロゴは'04のカタログです。
 一瞬、取って置こうかな?とも思いましたが、だからモノが溢れてくるのだ、と古雑誌と伴に縛り上げときました。

 あとはW6のパーツが問題です。前後バンパーやらノーマルマフラーやら。近々捌きましょう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

77,777km

2008112604

 消化試合的ツーリングを。ルールは簡単。オドが77,777kmに達するまで帰れないという。
 結果無事達成。その後は烏と一緒に帰りました。

2008112601_4

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雨の想い出

2008112403

 今日は久々に雨降りの1日でした。

 雨。雨天走行。
 思えばこうして全国各地の絶景ロードを怪走してきた今、強烈に脳裏に焼きついているのは、そんな美しい景観や楽しかった出来事よりも、実はこの苦痛だった雨天走行の方なのではないか、そんな気もします。
 いやそれは大袈裟か。ともあれ、その印象が写真のように断片的な快楽のワインディングロード達に対し、この雨天走行群に関しては、ムービー的にある程度のタイム感を伴って(?)、ことさら明瞭に記憶に残っていたりします。

 山陰での矢の様に身体を打つスコール、福島ツーでは丸1日執拗な降られ方をされたり、岐阜の豪雨の中ではガンジスの流れと化した(©mugie)山道を1時間逆走しましたっけ。そういや昨夏の東北ツーではほぼ1週間雨でしたし、能登ツーでは雷雨により数時間通行止めも食らいました。雨宿りのPAでは落雷により一帯が停電で。真っ暗なトイレ、凍える身体を温めようにも自販機も停止、なんてこともありました。なにより今夏の北海道ツーでは初っ端から雨♪でした。

 雨。今日は心置きなく降っている感じ。日付が替ろうとしている今も、これでもかと降っています。
 ぽとぽとと庇を打つ雨音が、ちょいと嬉しい。雪ではない、ということですから。
 今期は、もうちょい乗れる日がありそうです。

20081124

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬がやって来る

2008112302

 最低気温がマイナスへ、そして日中の最高気温も1桁の日々が増えてきました。そしてやがては、すべてが零下の日々に包まれていく。あの山の向こうから、鉛色をした冬の空が、全てをモノクロの世界へと飲み込みに来るのです。
 関東のカラッと晴れた空っ風の冬で育ってきた自分には、この雪国の冬の陰鬱とした空がとても苦痛でした。寒いのは良いんです。ただただ、幾日も幾日も重く垂れ込める雪雲の下に居ることが、どうしても堪えられませんでした。当初は、怒りすら、覚えた。
 しかし、そうして向えるこの冷凍庫生活も、今年ではや5回目。なんというか、“慣れた”のでしょう。今冬は、笑って上を向いて生活が出来るような気がします。人というものは、こうして環境に順応していくのでしょうね。否、諦め、ということなのかも知れませんが。
 なんにしてもです。最近は、朝起きると近場の山々の白み具合を確認するのが愉しみにもなってきていたり。
 良いんじゃないでしょうか、これで。
 ひとまず今は、と。

 さて。自分の廻りの数少ないバイク乗り仲間は、次々と冬眠体勢に入りました。バッテリーを外す者、バイク屋さんに預ける者、タイヤをワックス掛けてビニール袋で覆う者、バイク本体ごと毛布で包む者、などなど。
 みんなケジメが付いていて、イイな、と。自分は今冬も駄目そうです。隙有らば、乗るでしょう。他に楽しみ無いのかよ、と我ながら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユーザー車検顛末記

2008112103

 ユーザー車検に挑戦して参りました。これがまた、笑っているうちに終了したという。以下、報告致します。

 初めに概況。本日は初冬の平日といえども結構混んでおり、検査係さん等はてんやわんやで駆けずり回っておりました。そんな中、「お~い。分からんから全部教えてくれぃ♪」 などと暢気な顔した自分が来たモノですから、困ってましたね(笑)。金槌使用などの基本検査以外、セルフなのです。結果、次のようになりました。

 1、後ろの赤男爵さんを先に通し、やり方を盗み見る。
 2、で、やる。

 ということで、赤男爵さんに事情を話しノコノコ付いて廻りました。ははあ、なるほど・・・・・オッケイ!と。
 そうして迎えた検査本番。冒頭の基本検査では、『ハイビームにして!』と言われればキルスイッチを切り、『ホーン鳴らしてホーン!』と言われればセルスイッチを上押ししてしまう(普段、無意識で操作している為か、改めて言われると???になりまして)など軽くジャブをかましつつも、いよいよ検査場ラインに突入です。前後輪ブレーキチェックと速度計チェックは難なくクリア。続いて懸念の検査項目に移りました。

2008112104

 ~ 懸念その壱:光軸 ~
 問題なし。

2008112105

 ~ 懸念その弐:排ガス ~
 問題なし。

2008112106

 「ええっ?もうおしまいで?」
 『そうさ。早くあっち行ってあっち』

2008112107

 なんと。こんなものですか。
 ただし、きちんとした整備が前提での、この発行です。来期シーズン前には、改めてプロに点検整備をお願いしようと思いましたとさ。
 めでたしめでたし。。。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

ON THE ROAD

20081120_3

 以前から読んでみたかった、ロード・ノベルの傑作として誉れ高い、ジャック・ケルアックの「路上」を衝動買い。

 その扉絵の懐かしいこと。
 fineとか、FM STATIONとか、達郎とか、想い出しました。いわゆる80s。
 そしてもう1つ想い出しました。

 これ、読んでる。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユーザー車検

2008111802

 来月はW6の2回目の車検です。距離を走ってきたバイクですので、バイク屋さんにしっかりとしたメンテナンスも含めてお願いする方が良いかと思い始めていますが、ひとまずどんな所でどんな事をどんな人達がやっているのか、散歩がてらに観に行って来ました。
 窓口で訪問の旨を伝えると、担当職員のおっちゃんが藁半紙のパンフを渡して寄こし、「さあ。どこが分からない?」と聞いてきたので、『はい。全部分からない♪』と答えますと、色々詳細に渡って解説してくれました。なるほどなるほど。工程自体は結構チョロイな、と。最後に、「見学していきな」と誘われるままどでかい検査場内へ。

2008111803

 おお。なんかワクワクする。面白そうです。
 いっちょやってみましょう。ユーザー車検。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雑記

2008111702

 W650が生産終了となっています。インジェクションになって復活するというのが大方の予想のようです。自分のW6ですが、現在オドは7万7千キロ強。このままのペースで行くと、来期には10万の大台に乗るでしょう。そしていずれは、朽ちていく。新生Wへの乗り換えを待つには丁度良い按配なのかも知れません。
 が、先日。近隣の町に、なんと'03の限定モデル、通称“ハカイダー”(誰もそんな風に呼んでいない)が眠っているのを発見してしまいました。'03ということは、触媒は付いてしまっているけれども、'04以降とは出力特性とギヤ比、ホイールベースが若干違う、ちょい元気な奴らと聞いております。

 ・・・・・う~む。

 一時はHDにうつつを抜かしかけましたが、まだこのバイクで走りたい道があるのです。そしてそれは、そう簡単に走破出来る距離でもない。それなりの年月を有することになるでしょう。ならばここで是非、今後を見越して押さえを確保しておきたいな、と。

2008111701

 でもまだ全然元気なのですけど。今のW6。
 3,500回転で丁度100キロ出るのは新車の頃と変わりませんし、名西さんで蓋を開けて調整頂いてからはその上もスムーズに回ります。振動だけはえらい増えました(と言ってもこいつなりの、ですが)が、逆にそれが自分にとっては非常に心地良い按配。現状、手放せない大きな要因のひとつになっています。しかしいずれは、朽ちていく・・・(以下、ループ)。

 ・・・・・う~む。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

さよならビーナス

2008111303

 フィルム一眼の画像です。やはりデジイチ購入かな。お金無いけど。

 ということで、今年最後の陽気に、美ヶ原~ビーナスラインへ。

2008111307

 美鈴湖からアプローチを試みましたが、武石峠まであと僅かの所で路面凍結。行って行けない事はなかったのですが、大事をとって撤退しました。戻っていつものよもぎこば林道から扉峠へ。
 遅い午後の女神。山肌を縫う高原道路の半分は、既に日陰。その所々青黒く濡れている路面に留意しつつ、今年一年の感謝の意を込めて、疾走。

2008111302

 ありゃなんと。レストハウスが一棟、跡形も無く解体されていました。廃業なのか、改築なのか。

2008111305

 遥かに望む、雪を頂いたアルプスの峰々。
 見下ろせば、麓の郷には靄が蕩い、
 そして頭上には、両手一杯に広がる、雲ひとつ無い紺碧の空。
 ・・・・・と言って富士山を撮ってみる、嗚呼コンデジの限界。

2008111308

 さよならビーナス。また来年っ!

2008111310

 先生、そっちは東です。
 北に帰るのです。自分。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

海へ

2008111206

 フォッサマグナ沿いに日本海へ。

 明日は、今期最後の海抜2,000m越えを。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

crack

2008111201

 リアフェンダーの赤丸の所、左右で計4ヶ所、まあるくクラックが入っていました。早晩はっきり割れてきそうな勢いです。よく聞く改良前フェンダー('05モデル以前)のクラック場所は縁部分ですが、そこは問題ないようです。フェンダーブレースがきちんと仕事をしているのでしょう。では何故、この4ヶ所なのか。そしてまた何故、丸、なのか。
 特にボルト類が干渉する部分ではなく、裏も表もまっさらの場所。上述フェンダーブレースの仕事における予期せぬ副作用なのか、または、ブルブル揺れているリアウィンカーを支え続けていた積年の疲労蓄積によるものなのか、良くは分かりませんがつまりはまあそんな複雑な力学関係が、ここに丸いクラックを生ずる要因を発生させているのでしょう・・・ね。ですか?

 ひとまず放っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒートテック

20081109b

 クリーナーを丸々一缶惜しみなく使い、歯ブラシも動員させ、お歯黒ベッタリ状態だったチェーン&スプロケの清掃/注油を行いました。“37丁”や“EK525/MAX”などの刻印がようやく顔を覗かせましたが、今1歩。外して浸け置きしたい気分です。しませんけど。
 自分は他人のバイクを見るとき、さり気無くチェーンをチェックしたりします。車体がどんなにヤレていようが、ここを清潔に、かつ適正な状態で維持されている方、信頼出来るような気がするのです。ちなみに自分はほとんどいつも真っ黒ですが。

 さて、つい先日の事。『お前、いつまでバイク乗るの?』と先輩に聞かれました。「ええとそうですね・・・ま、積雪しない限りは今冬も冬眠しませんかねぇ」と答えると、『お前、相変わらずバカだな。“季節”のハナシじゃね~よ、“年齢”だよ』。ああ、なるほどそっちですかそっち・・・。

 そんなことよりあれです。雪が積もる前に、最後に海を見ておきたいな、と。

20081109c

 初冬の日本海に出、“譲二る”か、はたまた伊豆または湘南辺りの太平洋まで足を伸ばして、“加山る”、か・・・・・。
 ちなみに自分はどちらのファンでもありませんが。

 そうそう。寒いので○ニクロのヒートテックを買ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足るを知る

20081109

 蟹の目玉のようにニョキっと突き出たコイツ。先日の高速夜走りで再認識致しましたが、意外に腰が据わっている。先代よりブレません。自分にとっては必要かつ充分な範囲です。

2008110903

 気に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茨城へ

2008100401

 今年最後のロングランに行ってきました。決行を促してくれたこの期間の暖かな陽光に感謝です。お天道さんよどうもありがとう。
 目指した場所は、茨城は筑波山。ついでと言ってはなんですが、寄り道してお盆に叶わなかった墓参りも済ませてきました。
 今回は、その道程ほとんどを高速道路で繋げましたので、ほぼ全面的に“4~5,000回転の男”と化してしまい、食事で言えばゆっくりと味を堪能することなくただただ掻っ込んだ感のある旅程となりました。
 ま、たまにはと。

 先ほど人馬伴に無事帰還。旅塵を落とし一息ついたところです。

2008110501

 ひとまずお互い、お疲れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Long Way Down

2008110201

 今年の越冬対策。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再認識

2008110102

 青、蒼、藍、碧・・・・・あお。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »