« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

宴を終えて

2009042805

 その昔、天地真理という歌手が、「ひとりじゃないって、すてきなことね~♪」と唄っていましたが、そんな気持ちをしみじみ感じた1日でした。

 ことバイクに限らず。
 またそれは、人であれ、何であれ。 

20090429

 だろ?わんこよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TX650 Bullet350 W650

むぎさん、参謀さんと、美ヶ原の裏表をツルんできました。ダイジェスト版です。

2009042801

2009042806

2009042804

2009042807

2009042802

2009042801_2

 参謀さん、どうも有り難う御座いました。
 むぎさん、道中最後までどうぞお気をつけて。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

more travels

 パット・メセニー・グループの作品の中に表題のアルバムがありまして、永い事我が旅路に於けるNO.1BGMの座を占めています。その非常に旅情をそそる内容は、おはようからおやすみまで暮らしを見つめるライオン剥き出しなバイクの旅に良く似合う、と個人的には感じています。

 テントを畳み、朝靄の中いざ出立の時は

 稜線、海岸、想えば遠くへ来たもんだな的時には

 塒を探して

 くねくね道もしくは旅路のラストスパートにて

 バイクに乗って聴くわけにはいきませんけれども、かつて舐めるように聞き込んだそれらです。身体が歌う・・・とか?
 ここのところちょっとYOU TUBEづいています。大概にしなければ。
 

 さて。明日ですが、当地にいらしてるむぎさんと、そして恐れ多くもあの参謀さんと、ちょっくらツルんで参ります。気温が若干低いのが懸念されますが、兎に角天気は良さそうです。まずは美○湖畔で爆睡しているむぎさんのテントを蹴倒すことから始めたいと思います(ウソ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

on any sunday

 日曜日。良いものです。自分はいつも仕事ですが。

オフ車が欲しい今日この頃。ハスラーとかエルシノアがイイな♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

裏へ

2009042301_2

 正式名称は県道62号/美ヶ原高原道路というようです。コンパクトながらその起伏に富んだ道程は、本家ビーナスラインに勝るとも劣らない、ライダー垂涎の絶景山岳道路だと思います。
 次週、むぎさんにこの地をご紹介するにあたり、最後の現地確認です。

 帰路、ニホンリスが目の前を横切りました。尻尾、フサフサとしてとてもデカいんですね。画像はウィキペディアから拝借。

2009042305_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

R292 雪回廊

2009042201

 国道292号線/志賀草津道路。
 冬季閉鎖期間を終え、本日無事開通と相成りました。ということで行ってきました雪回廊。

2009042203

 下界は気温15度ほど、渋峠周辺は2度でした。お日様が強いのでさほど寒くもありません。
 開通初日だからか、平日とはいえそこそこの交通量。バイクも結構走っていました。

2009042202

 昨年より積雪量は少ないようです。
 草津で折り返し戻ってきましたが、その間にもどんどん融けているような気がした雪景色でした。

2009042204

 長野側では未だスキーヤーが白銀の山肌を滑走しておりますが、こちら群馬側は緑がゆっくりと深まりつつあります。
 あばよ!冬、なのです。

 改めての駄レポは本家にて。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

自意識と自己認識

8mm

 「毎日がパラダイス☆」みたいな某国のノリもそれはそれでアレですけれども、

 ヒトというのは歳の数だけ色んなモノを背負い込んで行くものでしょうけれども、

 こと、バイクに関しては、

 スカッとしたものでありたいと、

 常々思う所存であります。

 ・・・で。
 スカッとするには、やはり高い所が良い訳で。
 明けて本日22日は午前10時より、冬季閉鎖中であったR292/志賀草津道路がいよいよ開通です。今年もあの雪回廊を渡る事が出来るでしょうか。
 現在、ここ平野部は、雨。彼の地では雪になっていることでしょう。
 あとはタイミング次第だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

腐れ縁

2009042002

  • ブレーキを強く握って停止すると最後にハンドル廻りのどこかが「かくん」とくる
  • 4,500回転以上で咳き、また時々痰が絡むエンジン
  • 例の小動感( not 鼓動感)を伴ってきた駆動廻り
  • 旋盤と化したFディスク
  • どう宥め賺しても泣きじゃくるブレーキパッド

2009042001

  • 150kmごとに要増し締めな、アソコ
  • 色々着脱し過ぎて螺子山が磨耗したリアショック取り付け部
  • 各所ゴムの経年劣化は言うに及ばず
  • 焼け石に水だったリアショックに
  • 最近微妙に元気の無いメーター

 100,000kmまでは行こうや・・・・・

 生暖かい気持ちで磨く、今日この頃。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

斥候

2009041701

 『おぬし、ちょっと視に行って来い』という参謀さんの指令があったとかなかったとか。つまりは来る “Mugie's attack” を目前に控え、斥候兵として敵情偵察へ行って来た次第です。場所は、美鈴湖もりの国オートキャンプ場。
 なかなか面白いトコロでしたよむぎさん。管理人さんと思しき人に伺ってみましたが、やはりまだ寒いようです。昨夜は5度、だったとか。でもまあ、やれば出来る!とのことでした。 

 ということで、さあ♪明日18日より、ここ美ヶ原~ビーナスラインは晴れて全面開通と相成ります。この土日は好天にも恵まれ再び気温が上昇する模様。沢山のライダーがいらっしゃることでしょう。皆様、安全にお楽しみ下さい。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

史上最強のバイク



 ホンダ カブ
 映像にはケニー・ロバーツのコメントやら、また、チャーリー・ブーアマンが試乗者として登場したりします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

一期一会

20090415

 最近、W650と良く出会います。色んな色が在って面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

touring

2009041300

『 ツーリング(touring)とは、オートバイで風光明媚な海岸線やカーブの多い山道などを走行し、運転や移動そのものを楽しむ周遊旅行を指す。四輪車(自動車)で行われる同様の行為は、ドライブ (drive) と呼ばれる。通勤や通学の単なる移動は、ツーリングとは区別される。 ~Wikipediaより~ 』

 リアキャリアを交換しました。むぎさんから頂いたベスパのキャリア流用品です。GSのおっちゃんに、「焼肉用の網を括ってるのかと思った」と言われました。
 ・・・なるほど。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

SOFT99 フクピカ

2009041301

 物は試しで。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

4者4様


 スタイリッシュなヤマハ。


 洒落が利いているのはカワサキ。


 バイクの、ではありませんが、CMの域を超えているホンダ。


 イっちゃってるのは、やっぱりスズキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海に

2009041002

 ・・・行ってきたのですが。
 陽光輝くたおやかな海 < 残雪煌く峻険な山
 でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

文豪風

20090410

 我輩はETCカードである。車載機はまだ無い。

 どの時点で手に入るかとんと見当がつかぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

気力と体力

000

 昨日走ったビーナスライン。都合8時間、約400kmのツーリングでしたが、非常に疲れました。この程度の時間や距離の走行など、昨年まではなんてこともなかったのですが、帰宅後はグッタリでした。顕かに身体が根を上げている。こんな事は初めてで、我ながら驚いています。
 久々にみっちり走ったので、冬の間で鈍ったままの身体が付いて行けないだけなのか、または下界と天上の寒暖差に調子を崩しかけただけなのか、要は単に杞憂であれば良いのですが、もし仮にこれが年齢的なものであるとするならば、これからの走行に対し構えなおさなければならないトコロが出てきたな・・・と思った次第です。つまりは、気力と体力が = ではなくなってきている、ということでしょう。

 ま、元来が無茶で出鱈目な乗り方をする自分ですから、それならそれで結果良いのかも知れませんが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

寝覚めのビーナスライン

2009040705

 中古で手に入れたダンパー。ヤレ度がちょうど自分のW6に合っています(要は適度に錆びている)。5段階で効きを調節出来るのですが、必要性は感じないので最弱にしています。そこそこ効果はありますので、例えば極低速時によくフラつくという方にはお奨めかも知れません。自分は盆栽。

 ところで。
 あと2週間もしないうちに全線開通だというのに、堪え性の無い自分は本日ビーナスラインへ行ってきてしまいました。実は、開通前の今でも半分位は走れるのです、女神線。
 諏訪湖畔を掠める甲州街道/R20を茅野でR152に折れますと、そのまま進めばR299の麦草峠(国道で2番目に標高が高い)を越えますが、ちょいと左に併走している県道192号に乗っかれば、そこはもう蓼科湖からスズラン峠を経由し白樺湖/大門峠へと繋がる、立派なビーナスラインの一部なのです。
 普段は諏訪湖周辺が渋滞しているのでこのルートはあまり採らずに、松本市からの“よもぎこば林道”経由でビーナスのドテッ腹に突っ込んでいく自分ですが、現在は八島~和田峠以北が閉鎖中ですので、本日はここ茅野からのアプローチでビーナスラインのその南半分を走ってみようという算段でした。

Venus_line_2

 結果は◎。ややダスティーながらもドライな路面状況で、晴天ということもありそこそこの陽気(とは言っても標高1,500m前後ですから寒いですよ)に気持ちよく走れました。
 大門峠からは、今はまだ黄褐色な丘陵の車山を経由し霧ヶ峰へ。ここから和田峠~扉峠~美ヶ原へと北上していく過程が、これぞビーナスラインというライダー垂涎の山岳道路なのですが、本日はまだ八島ヶ原辺りで除雪作業中でした。

 出逢ったバイクは2台。1台は女性でしたか。
 自分ひとりじゃないんだな・・・粋狂は、と(笑)。

2009040712_2

 ということでレポは追って。
 そうそうむぎさん。自分、28日(火)でしたら迎撃可能です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

召喚状

2009040604

 山が・・・・・呼んでいる。(気がする)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

余裕

 このオッサンのキックは必見。
 それにしても美しい土地ですね、ここは。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

盲点

20090403

 むぎさんから譲っていただいた素晴らしきビザールなキャリア。本日仮組み段階で思わぬ盲点に気付き、装着中断へ。テールランプに干渉するのです。
 ううむ・・・・・おぬしなかなか手強いな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春愁

2009040211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オートバイ

Lipin

 夕陽に染まった草原。疾走するバイク。排気音。当時はこれを見る度に、よ~しオトナになったら“オートバイ”に乗ろう♪、と思ったものでした。
 先ほどネットで探して久々に聴いてみました。強烈に印象付いているあの排気音、今聴くと頑張っているカブのような気もするのですが、まあそこはそれ。
 あの頃は単車でもバイクでもモーターサイクルでもなく、“オートバイ”でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »