« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

乙見山峠、湯峠

2009062901

 ダートを走りたい今日この頃。つまりは先日気になった、乙見山峠へ。新潟は妙高からのアプローチです。所々やんちゃな箇所あれど、基本フラットなダートを10数キロ進みました。喜~♪

2009062902

 がしかし。多分あと数百メートルというところの切り通しの左カーブに、残雪がどすんと堆積。完全に道を塞いでいました。

2009062903

 んじゃあ、反対側から登ればイイんじゃね?ということで、別ルートで約100キロ掛けて廻り込みました。そうまでして走りたい峠なのか・・・は、今はもう我ながら分かりません。
 ということで、R406でひとまず白馬に降り立ちます。まだ雪が残っていますね。

2009062904

 頼むぜ小谷。

2009062905

 が~~ん。
 小谷よ、オマエもかっ。

 う~むならばと、左方面の湯峠を目指してみました。この峠も、越えた向こう側はダートらしいので、巧い具合に代償行為が見付かった訳です。

2009062906

 ・・・・・・・・・。

2009062907

 ま、いいか。

2009062908

 帰着と同時に、雨が降り出しました。
 そういうことだったのだ、と思いましたとさ。
 めでたしめでたし。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥志賀林道、関田峠、関見峠

2009062602

 表題の山道を走り回って来ました。知らない道だと「この先どこまで・・・」とちょっとだけ不安になりますけど、基本、山の中って愉しいなあと思います。

 奥志賀林道は山深き所とはいえ終始人の気配(ちゃんと手入れされている&山菜取りや釣り人が多い)を感じる道です。舗装も綺麗ですし、大変走り易い。初めて走った時は、なんという山奥なのだと感じたものですが、その後幾多の酷道を経験した今となっては、とても行儀の良いおりこうさんな山道にと印象が変わってしまいました。
 関田峠は時々走る、長野と新潟を跨ぐ峠道。峠付近はツキノワグマが出没する地域らしいのですが、ここも至って平穏かつ綺麗な道です。長野側はちょい狭めの山道、新潟側は2車線のワインディング。途中にとても気持ちの良い野っ原があるのでお気に入りです。秋にはススキの大平原となり壮観です。
 関見峠は今回初めて走りました。新潟県の妙高山山腹の谷間を巡る道。ここらには歴史の古い温泉が一杯あるようで、秋口になったら浸かりに来ようかなと思います。特に峠手前より徒歩で行くことになるなんちゃら言う露天風呂に後ろ髪を引かれました。

 そして今回は走行を見合わせましたが、ここ新潟の妙高から長野の白馬に抜ける、10数キロのダートを含む峠道があるのですが、ここ、近いうちに是非走りたいなと。最高地点は1,510mの乙見山峠。ああ、今調べてみると・・・・・なるほどこの道は小谷温泉に出るのか。ちょっと手強そうです。

2009062606_2

 それにしても、夏のように暑い1日でがんした。
 ( 今、TVで “たそがれ 清兵衛” を観ています )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏を・・・

20090624

 ・・・再考中。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日々雑感

◆昨日は夏至。1年で1番昼間が長い日です。その恩恵を受けるべく朝6時起きで、伊豆~能登と塩漬けだったW6をしっかり洗車してやりました。夕方雨上がりの隙を突いて軽く乗車。あっという間にドロドロです。一進一退の一日でした。

◆本日より丁度ひと月後の7月22日、日本では46年振りだという皆既日食が起こるそうです。完全食が観れるのは沖縄方面だけのようですが、関東でも3/4ほどの部分食になる模様。可能であれば、是非ツーリング先で鑑賞したいと思います。

◆山田深夜氏のHPで知った、とある市の中学校部活動内で起きた暴行障害事件のTV特番を観ました。
 ・・・・・卒業おめでとう。
 そして被告側には、人として恥を知れ、と言いたい。
 * このような場合、安易な発言は控えるべき事だとは思いますが、感情が抑えられません。

◆DVD“団塊ボーイズ”を鑑賞。マスツーも良いなぁと思いました。

◆やや、その体験談の羅列に過ぎぬ感も否めない本著の内容ですが、面白いですこれ。

20090622

| | コメント (8) | トラックバック (0)

能登、そして楢峠

2009061603

 1泊2日のキャンプツーで、能登の突端までと、帰りにR471/472の楢峠を走ってきました。本州上空を移動中の気圧の谷を巧く迂回したこの2日間の行程は、全快とまではいかないまでも雨に降られる事なく先ほど無事幕を閉じたのですが、しかしなかなかheavyな2日間となりました。
 理由のひとつは、能登。能登はとても美しい土地だとは思いますけれども、どこか不思議と郷愁を誘う町並みで、詳細は省きますがズドンと1本、心に堪えた1夜となりました。
 そしてもうひとつの理由は楢峠。R471/472の富山/岐阜県境道。ダートは別としても、自分が走った道のなかで1~2位を争う酷道と言えるかと思います。危ない危なくないという査定基準ではなくて(実際、危ないですけれど)、その長さもさることながら、濃いわ・・・この道は、と。

 2日間で会話を交わした人はたった3人。早朝のキャンプ場に散歩にいらした元メグロ乗りのおとっつぁんと、R8上で隣の車線頭上2m(要はダンプの運ちゃん)から笑顔で怒鳴ってきたおっさんと、停めてあるW6を見るや急ハンドル切って道の駅に入ってきた、元A1だかA7乗りの親父さん(奥様は全く関心がないようでした)。皆様どうぞお達者で。

 今回はチャレンジバッグを留守番させました。キャンプツーとはいえ、フットワークを軽くしなきゃ、と思いまして。そういえばzippoのランタンの天蓋が壊れました。よくビスが緩むのですが、とうとうその細かいパーツを欠損。構造上、耐振性が低いのだと思われます。否、4年も使えばそんなものなのかも知れませんね。
 そして心は早くも次のキャンプツーへ。R157の温見峠越えか、昨年のリベンジとしてあの道を浜松まで下る(R152 Returns)か、もしくは平家落ち武者伝説の地、R352桧枝岐村再び!、か。
 来月の愉しみひとつ、です。

2009061704

 ~ 蛇足 ~

 ペグを2本折りました。夜中に酔いながら星空を見上げ歩いておりましたら踏み付けてしまいまして。しかも2回も。同じ過ちを2度繰り返す性のようです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

二択

2009061503

 西の空が夕焼けだったら、基本、翌日は晴れる筈なのですが、どうも大気の状態が不安定のようで、先ほど軽い夕立がありました。お陰で何時にも増して周りの田圃の蛙が元気な今宵です。
 明日も不安定な空模様は継続されるようで、さらに昼以降は降水確率90%、夕方からは強雨の予報です。明後日は晴れ時々曇り、降水確率30%。
 どうしようかな、と。ちなみにコイントスの結果は、『汝行くべし』でした。
 キャンプツーのハナシ。

 先ほど届いたジッポのガスカートリッジには珍しい黒色が混在。夜目に目立たなくて不便だと思いますけどね。実際。

2009061502

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読後感想

20090612

 ○mazonに発注した書籍が届きません。斎藤純/著の「ツーリング・ライフ」の納期が問題だったようです。ということでさらば斉藤さん。結果、以下の2冊が近日入庫します。

  • Rider's Story 武田宗徳/著
  • さぁ、出発だ! Ciaudia Metz,Klaus Schubrt/著

 “Rider's~”の方は、江東橋実さんもお奨めのようです。

 さて先日の“ライダー定食”。この本は6編の掌編小説集なのですが、バイクのハナシは表題のこれのみです。 エロスを抜いた阿刀田高ではなく、やさぐれた星新一みたいな作風とでも言いますか、とにかくまあ変なヒトです。奇想小説と呼ぶらしい。
 ちなみにここ最近のうちに読んだバイク関連の書籍は上の画像の通り。1番気に入ったのは“路上へ”の池田伸氏の作品でしょうか。経験に裏打ちされたひとつひとつの彼の言葉は内角高めのストレート。ちょっとハーレー系&チョップってますけれども、お奨めです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雨上がり

20090611

 キャンプツーに行く予定だったのです、この2日間。雨なので暇を持て余し、前後スポークまで磨き上げてしまいました。

2009061102

 とダラダラ過ごしていましたら、いきなり晴れ上がってきた空。燦々と輝くお日様の気合も充分で、あっという間に路面はドライです。

2009061103

 よおし。新兵器投入だ。

2009061104

 こいつをこうして♪・・・と、走行動画にチャレンジしてみたのです。が、結果は空しく敗退。振動が凄くて見ていられません(よりによってFフォークに巻き付けるからだ)。いや実際は最後まで再生して見ているのですが、酔っ払いました。画面の揺れで。

2009061105

 お話を戻しますと、本日は菅平高原というところに行ってきました。ここはドン詰まりの菅平牧場。敷地に入るには¥200が必要です。

2009061106

 とても良い天気でした。放し飼いの子山羊が自分の後を付いて来るのが可愛かったのですが、こいつらの瞳って良く見ると不気味です。丸じゃないのですよ黒目が。メェェ~。

2009061108

 その後は見知らぬ山中を散策。雨上がりの森は、なんというかどこか懐かしい匂いで一杯でした。正直癒されます。

2009061109

 あ。蠅。

2009061110

 晴れたとはいえ雨上がりの山中。あれだけ磨き上げたW6は既にドロドロ。どうもこのパターンが多い、今日この頃です。

2009061111

 点在する水溜りは天然のキャンバスで、

2009061112

 例えばここには、モネが居るようです。
 ひっくり返してバイク本体をちょん切っただけなのですけど。
 驚きです。

2009061113

 今となっては珍しい、雉を見ました。

 さてと。来週こそは、どこかキャンプに行けます様に。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

プラグ交換、他。

2009061001_2

 約20,000km振りにプラグを交換。デンソーから再びNGKへ。主観的に述べますと、デンソーの方がラフで元気だったような気がします。NGKは礼儀正しいのですが、小さく纏まっている感じ。W6に合う、つまりは“らしさ”で言えばやはりデンソーなのでしょう。次回の交換時には、再度デンソーにしようと思いました。

2009061002

 以前せっきぃさんに教わった、なんちゃら言うホースのキャップを久々外してみましたら、オイルがゴポゴポ流れ出てきまして。油断していました。人様の敷地を汚す羽目になりました。

2009061003_2

 ここ最近、“裏”の認知が急上昇中らしいビーナスライン。実際、「裏」という表現が使われていたりしているようです。ま、良いことで。ところで本日、ここビーナスラインへの下界からのアプローチとして、新たなルートを2つ見付けました。どちらも地図には載っていない模様。上の画像は1つ目のルート導入部。怪しすぎます。試しにちょっとだけ登ってみたのですが、余りに路面がとっ散らかっているので止めておきました。今度天気が良いときに走ってみようと思います。ということで走破したのはもう一方のルート。双六で言うところの“振り出しに戻る”的な道でして、グワ~っと山中を一跨ぎしたと思ったら、よもぎこば林道の2合目辺りに抜け出てしまいましたとさ。次回は逆走してみましょう。

2009061005

 その後は降りそうで降らない空を伺いつつ、川原で遊んでみました。こんな場所なのでノーヘルで走り回ってみたのですが、あまり大きな声で言うべきものではないのでしょうけれども、とてつもなく気持ちが良かった。あの開放感は、他には無いでしょう。と同時に、メカノイズの物凄い事にも驚きました。シャカシャカチリチリ凄いのです。今度、人に乗ってもらって客観視(聴)してみたいと思います。

2009061006

 ・・・・・! 流石に驚きました。帰宅してバイクを降りたらば、駐車場にでっかい(2m近くあったように思います)青大将がとぐろを巻いていたのです。瞬間、目が合いました(笑)。あちらも驚いたようで、すかさず(とは言ってもノロノロと)暗がりへ隠れていってしまいましたけれど。それにしましても、よく蛇に遇うものです。

2009061008

 とうとう梅雨入り。今のうちに目一杯陽の光を浴びておこう、とでも言うかのような道端の花でした。
 そういえば低い山の中では、もう蝉が鳴いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記

20090601

 がきんちょの頃、その場のほんの思い付きで友達数人とチャリで隣県まで行った事があります。今調べれば往復100kmにも満たない距離なのですが、それこそ大冒険をした気分でした。現在のように洒落た自転車など当時はまだなくて、全員ママチャリ。小学校低~中学年だった自分等の中には、当然脚が付く筈もなく危なっかしい昇降動作の奴なんかが居たのも覚えています。そんな町内が世界の全てだった洟垂れ小僧どもが、一桁国道の粉塵にまみれつつ“大冒険”へと出発したのは丁度今頃の蒸し暑いある日のことでした。
 外国のように感じる知らない土地の農家の軒先を横切り、T字路では右か左かで喧嘩をし、もう帰ろうと半べその奴を宥め、勝手に突っ走る奴も居れば、そら見ろ迷子になってやがる的な奴も居たりと、そんなこんなでようやく目的地と捉えていた湖沼脇の森に着いたのは遅い午後だったように記憶しています。そこで皆と何を話したのかは全く覚えていませんが、その森の木漏れ日と、林の隙間を縫って見え隠れするその湖沼と、そこは河童で有名だったらしくなにかエゲツない感じのする河童の碑が在ったのだけは、今もはっきりと覚えています。
 ここで一旦記憶はぷっつり途切れるのですが、帰りの1桁国道でどうにも進退窮まり(疲れと喉の渇き。当時はお金なんて基本持ち歩いておりませんでしたから飲まず食わずでした)、国道脇の工場のようなところで水を飲ませて貰ったことを、道中最後の記憶として想い出す事が出来ます。親切な人達で、奥さんが麦茶を出してくれたり、我らが大冒険を大袈裟に讃えてくれたり、そんなちょっとばかり興奮気味に話す自分等子供たちを、黙って腕を組んで、ただニコニコ笑って見守っていた旦那さんなんかを、多分ませ餓鬼だったのであろう自分は憶えていたりします。

 ・・・・・で。
 今夏、どうもそんなツーリングをしたいなと。安全第一はもちろんですが、ちょいと羽目を外した1週間を味わいたいと思うのです。ということで、下道で九州上陸を目下模索中。
 基本、“無茶”な事だと思います。でもやるなら、今かな、と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

低額給付金

20090606

 ¥12,000といえば、自分の場合、昼飯が24回も摂れる金額なのですが、以下のものに化けました。

  • イリジウムプラグ×2
  • ヘルメットシールド
  • クッカーセット
  • ガスカートリッジ×9

 政府の思惑通り、市場に還元。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Maintenance

2009060504

 本日はメンテの日に。まずはチェーン清掃&注油。ここのところ油は注せども汚れと伴に上塗りでしたので、専用ブラシとクリーナーを使い汚れを徹底的に落としてやりました。次いで各ワイヤーにも注油。“遊び”も再調整。クラッチケーブルは外枠のゴムにパックリとした亀裂を発見しましたが、芯線は錆も解れもなく無事のようでしたので、今回は見なかったことに。続いて各ボルト&ナットの増し締め。最後にリアブレーキの踏み代を微調整して、仕上げにちょっと近所を一回り。ついでに、ガスカートリッジとクッカーを買いにスポーツ用品店に寄って来ました。

2009060501

 所望のzippoのガスカートリッジはどこの店でもノーストックでしたがクッカーは購入。スノーピークのなんちゃらセットです。しかしまあ、こんなに要らないですけど。
 今年のキャンプは、少しだけ豊かな食生活にしたいなと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

安房峠~坂本峠

2009060203

 6月に入りました。今年もはや半分が過ぎようとしています。とはいえ当地の山々には未だ冠雪が残っていたりもするのですが、それでも平地では田圃に水が張られ苗がすくすく育っていますし、今こうしてキーボードを叩いている部屋の外では、今年初の蛙の合唱が聞こえています。季節はどんどん進んでいく。自分も頑張らねば、と思う今日この頃です。
 で本日。ここ数日の雨が漸く上がり、いったん落ちていた気温も四捨五入すれば30度という処まで昇るということで、今年初の安房峠越えを目指してきました。

2009060202

 緑のガラス瓶の中を走るかのようなあの世界、健在です。今はまだ若干控えめな色彩ですので、真夏の時期のあの怒涛のコントラストが待ち遠しい限りです。
 その後は高山からせせらぎ街道へ。期待していた新緑のハイスピードコーナーは、南下するにつれ薄曇る空を反映していまひとつ精彩を欠いていた感を否めませんでしたが、しかしその後、遂に、あの念願の坂本峠を走破することが出来ました。「どうせ閉鎖だろう・・・」と有料道路で郡上へ抜けようとしたところ、なんとゲートが開いていたのです。

2009060204

 坂本峠。実際は普通の山道だったのですが、その模様は改めて本亭にて。
 画像はせせらぎでの1コマ。本日はバイクが一杯走っていました。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »