« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

Day by day .

2009092920

 雨でしたので、チェーンを整備。止みそうも無いので、軽く拭くピカ。日に日に深まり往く秋の、そんな1日。

2009092901

2009092902

2009092903

2009092904

2009092905

2009092906

2009092907

2009092908

2009092909

2009092910

2009092911

2009092912

2009092913

2009092914

2009092915

2009092916

2009092917

2009092918

2009092919

2009092921

2009092922

2009092923

2009092925

2009092924

2009092926

 行けるところまで行こうぜ、と。
 

続きを読む "Day by day ."

| | コメント (3) | トラックバック (0)

奥只見

 魚沼スカイラインを経由して、2年振りにR352へ。その後は反時計回りに桧枝岐村~只見を囲い走り、R252で田子倉湖を掠めて六十里越へと、ぐるりと奥只見を1周してきました。

2009092402

 R352

2009092407

 R352は沢渡りが10箇所以上ありました。

2009092408

 田子倉湖

2009092403

 六十里越近辺。連続するスノー&ロックシェッド。

2009092404

 暑からず寒からず、腹も減らず疲労もなく、道に不安もなければ時間に焦りもない。そして何より東から西へと1日中ゲラゲラ笑っていたお日様。満ち足りた1日でした。

 ということで、中古のXL125Rの件は次の休みまで持ち越しです。また例のタイヤの件ですが、バイク屋さんから連絡ありまして、曰く、「履けるけど、お奨めしない」とのことです。きちんと数値的なご説明も頂きました。街乗りオンリーならいざ知らず、自分の走り方では止めておいた方が良さそうです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

OUTRIDER'S DVD

20090923

 久しぶりにバイク雑誌を買ってみましたら、こんなものが発売されているのを知りまして、ひとまず注文してみました。
 面白いとイイな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HONDA XL125R

 オフ車を買った。今から20数年前に発売されたHONDAのXL125Rという、赤い、蚊みたいにヒョロッこい奴。極上の中古車ゆえバイク屋さんの社長も強気の価格設定を譲らず、またこちらには惚れた者の弱みという事もあり、我ながら案外あっさりと折れ、結果無事商談成立と相成った。
 スタイル的にはもう少し好みの物もあろうが、一目見て何故か惹かれてしまった。タコが付いているのも良い。変てこなメーターバイザーもご愛嬌。なによりキックオンリーという今となってはその孤高の姿勢と、また本当に効くのかどうか心配になる前後のドラムブレーキにもいたく感じ入ってしまった。
 任意保険は四輪のファミリーなんとかで安く加入。1番の懸念事項は保管場所だったが、これから迎える積雪時、共用通路と駐車場の雪掻きに人一倍精を出すということで、マンションの管理人さんと住民さんには許しを得ようと思う。
 ということで、さあ、どこから走ろうか。あのダートにしようか、それともあの廃道に行こうか、これまで躊躇してUターンしてきた幾つもの林道が、スライドショーのように脳裏を過る・・・・・・・・・・・・・

 ・・・・・?・・・・・。

 という夢を見ました。ゆうべ寝際に笑いながら読んでいた、寺崎勉氏のナチュラルツーリングが原因のようです。最近感染&発症した、未舗装路で遊びたい症候群。なかなか治癒せず。
 実は夢の半分は現実で、今度の休みにこのXL125Rの中古を見に行く予定なのです。ただし、多分購入までには至らないと思います。もう少しお買い得だったら発作を起こすでしょうが。

20090921

| | コメント (3) | トラックバック (0)

戸隠

2009091802

 戸隠。
 古くは天岩戸伝説に始まる、霊験灼かな領域。比叡山、高野山と伴に一大霊場に数えられていた頃もあるそうです。近代では戸隠流忍術や蕎麦の里として有名ですね。

2009091803

  戸隠神社は山中に点在する5社から成っています。まだ2社しか参拝出来ておりませんが、そのうちに。

2009091805

 バイクを停めた所でざっと標高1,000m。まるでトタン板をブッ刺したようなこの戸隠連峰は、2,000m前後の峰が連なっています。

2009091804

 秋ですねぇ。

2009091806

 その後、斑尾高原というところへ。ここに限らず、立ち行かなくなり放棄された施設を最近良く目にします。また“家”が断えたのか、廃墟と化した一般家屋も。そんな山奥ばかり走っているからだといえばそうなのでしょうが、死を意識する年齢になった今、どこか複雑な感慨が身を過る今日この頃。

 ところで明日から5連休/シルバーウィークですね。そのネーミングはどうかと思いますけれど、ここ信州は連日好天の予報。暑からず寒からずの絶好のツーリング日和となりそうです。とはいえ自分は仕事ですが。
 残り少ないシーズンを楽しみましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋へ

2009091704

 秋です。

2009091701

 嗚呼、かけす食堂。そなたは何処に。

2009091702

 驚いた事に、未だミンミン蝉が鳴いている、険道67号線。

2009091703

 とはいえ、上は色付き始めているようです。

2009091704_2

 秋の日は釣瓶落とし。
 また明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Double W '09 ~おまけ~

2009091104_3

 「さっき(バイク)のは水飛沫がイマイチだった!」、と彼は言った(とか言わなかったとか)。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Double W '09 ~ ダイジェスト~

2009091112

 なかむらさんと1泊2日でツルんできました。昨年、天候不順で未遂に終わった、R157での福井~岐阜縦断です。先ほど両人馬ともに無事帰宅致しまして、ひとまずはざっとご報告まで、と。

2009091102_3

2009091107_2

2009091110

2009091106_2

2009091108_2

2009091108_3

 深まり往く秋の、そんな2日間。
 詳細は改めて、本亭にて。

 なかむらさん、お疲れ様でした。
 また来季!
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Double W '09 2

Double W '09  2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Double W '09

Double W '09

| | コメント (2) | トラックバック (0)

K70/K87

K70

K87

 そろそろフロントタイヤにスリップサインが「こんにちは♪」してきているので、あれこれ物色していました。ダンロップのTT100GP、IRCのGS19、ブリジストンのアコレードと履き潰してきまして、残すはK300GPくらいかなというところなのですが、見た目で言えば、これが良い。フロントにF11を持ってくれば、往年の名車と同じセット組みになる訳ですが、K70のそのクドい面構えが気に入ってしまいました。
 時々メールを頂く海外のW6乗りの方(どうも近々、トラに乗り換えられるご予定のようですが)がこのセットを履かれておりますので、装着自体は可能なようです。見た目や生まれに関係なく、実走に問題がないのであれば、次はこれ、行って見ようと思います。
 ただし在庫があれば、のハナシ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

九州へ アウトテイク集

 早いもので、あの九州ツーよりちょうど1ヶ月が過ぎました。奇しくも季節も夏から秋へと移り行こうとしている今宵、あの夏の日をもう一度顧みようと思います。

1、人

2009090601

 沢山ではないとはいえ、幾人かのバイク乗りさん達と出会いました。陽気な人、寡黙な人、うるさい(笑)人、 イッてる(汗)人、一騎の人に、群れる人々。人の目に、自分はどのように映っていたのでしょうか。ま、どうでもいいのですが。

2、海

2009090602

 波のぉ~谷間にぃ~~いのちのはぁ~ながぁぁぁ~♪
 山国に住んでいると、ことさら海に想い入れしてしまうのですが、何故かいつも鳥羽一郎の兄弟船が脳内に流れます。サザンやTUBEだったらまだ格好が付くのでしょうが、日本固有の前ノリのリズムは血なのでしょう。

3、道

2009090603

 バイクで走る、1番好きな道 はどこですか?という問いがあれば、迷い無く「阿蘇」と言い切ることが出来るほど、阿蘇には魅せられました。やまなみハイウェイも良かったのですが、1番はここ、阿蘇パノラマラインです。

4、山

2009090604

 バイクで走るという点に於いては、そのクールでスクエアな感が売りと思われる信州やその周辺の山々に対し、ここ九州の山中は人情に厚いと言いますか、ふんわり丸っこい感じがしました。気候、標高、木々の色やらその密度など色々違いもありますが、なんだろう・・・なにか優しげな雰囲気を感じました。それが旅情や個人的な想い入れのせいだと言われればそうなのでしょうが、でも、人にも土地柄というものがありますから、森にだって・・・ねぇ、と。

5、宿

2009090605

 鹿児島での宿。空き室は無かったのですが、たまたま若奥さんが自分の縁者(故)をご存知で、ならばと無理繰り1室作って下さいました。
 実はここに来る前にRHに行って見たのです。遠回りに断られまして(笑)。そんなに人相悪いかな?

6、食

2009090609

 桜島フェリー船内のうどん屋さん。可愛い娘でしたよ。

5、礎

2009090611

 知覧特攻平和会館。
 自分にもし子供が居たなら、必ず連れて行こうと思います。

6、空

2009090610

 北より南。
 夕陽より朝陽。

 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 こうしている間にも、旅の記憶は日に日に薄れていってしまうのです。残念な事ですが、だからこそ、次の夏は・・・と旅への想いは繋がっていく。

 嗚呼、いい歳こいて落ち着きの無いヤツ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Off

2009090401

 通学時の子供等の嬌声をBGMに、せっせせっせとフクピカな、朝。

2009090402

  初めて食べた、薄いピンク色をした岩塩での十割蕎麦・・・な昼。

2009090403

 旨し・・・。

2009090405

 ・・・拙し。
 入道雲が畝り過ぎています。一雨来るでしょう。

2009090406

 降られる前に、RPに出していたデジイチを引き揚げ。来るDouble W '09 から復職予定です。

2009090407

 雷雨な夕は、DVD三昧。
 “ YES MAN ” という作品を観ました。後半ドゥカも出てきますが、バイクの映画ではありません。
 そしてこれから久しぶりに、 “ easy rider ”な宵を。

 なんだかんだでバイクで〆る、そんなOff。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の帳を認可する

2009090101

 散歩道でいつぞやのXS乗りさんに久々会いまして、暫しの歓談。

2009090102

 青空整備教室を受講。

2009090103

 有り難い講義及び実技研修の後は、それぞれのバイクを交換してみたり。
 氏のW6の感想は、「うん。すっげ~平和♪」
 自分のXSの感想は、「走る削岩機♪」 。実際、あのXSのセンスタ・ダンス(吹かすとジリジリ後退りするアレです)も拝見させて頂きました。

 いわゆる旧車を走らせたのは今回が初めてだったのですが、なるほど、こういう感じなのか・・・・・と。若い頃、70年代の日本車(四輪)に乗っていた事があるのですが、あの感覚とほぼ一緒でした。

2009090104

 750ccにUPされています。オイルクーラーもピストンも全て自作だそうです。でも逆に遅くなったとかで、来年はまずキャブをノーマルに戻すとの事。

2009090105

 そんなこんなで解散後、初秋の里山を散策。

2009090106

2009090107

 随分と垂れてきた稲穂。

2009090108

 道には、秋の象徴的な存在も目立ってきました。

2009090110

2009090111

2009090112

2009090113

2009090114

 ほんのひとっ走りのつもりが、後を引いて・・・・・奥志賀高原へ。

2009090115

2009090116

 お休みでした。

2009090117

 奥志賀公園栄線の音叉路を左に採り、カヤノ平を経て木島平へ。ちなみに直進すれば、そこは奥志賀林道です。・・・・・え?
 そう。今、地図を見ていて気付きました。この周辺の地理感覚を間違えていたようです。ずっと奥志賀林道と思っていた道は、雑魚川林道から分岐し中津川沿いを走る、長野県栄村から新潟県に入る県道だった・・・と。で、奥志賀林道とは、この奥志賀公園栄線の音叉路を右に採る道でした。

2009090123

 紅葉の名所でもあるようですから、そのうち行きましょう、奥志賀林道。

 山の上は今が1番走り易い時期です。ただしこの快適な涼しさもあっという間に鼻水がチョチョ切れる寒さに変わります。ベストな気候の期間はとても短い。
 楽しみましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »