« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

ヘッドライトケース&リアフェンダー交換

2010012902

 まずはヘッドライトケースを交換。こればかりは中古で出てこないようなので発注しました。がしかし・・・・・

2010012901

 カワサキさんに初めて物申す。
 どう見ても百均で売っている樹脂性の風呂桶とさして大差無いと思われるこのケースが、何故9千何ボもするのでしょうか。こればかりは納得がいかない。いかないけど購入しちゃいました。

2010012903

 ブツクサ言いながら作業完了。'07モデルのライトケースです。ところでこの度のこの黒色のケース、妙にフニャフニャですが果たしてコレで大丈夫なのでしょうか。大丈夫だから売っているのでしょうが。

2010012905

 うむ。大いに(自己)満足。
 考えてみるとW4化している。

2010012906

 あのケースに写り込む景色とはこれでオサラバです。
 少し名残惜しい気もしますが、その分もっと遠くを見よう!
 その前に光軸調整をしよう ♪

2010012908

 軽いインターバルの後、リアフェンダーの交換に移りました。個人的に1番やっかいな作業と感じるのはダンパーゴムの入れ替えです。寒い季節ですと尚更作業しにくい。そして今更ながらに痛感したのは工具の精度。やはりホームセンターの¥1,980セットでは肝心な所でボロが出る。少しづつ良い物に買い換えていこうと思いました。

2010012907

 リアフェンダーは極上の中古品。'05以降のモノですので、例の場所には補強版が溶接されています。

2010012911

 テール部裏の補強板形状も見直されているようです。

2010012910

 6年の歳月と約10万キロの距離によって錆々の裏側。一応、今回は錆止めにクリアコートスプレーを1~2回吹き掛けておきました。“らしく”ないな(笑)。

2010012909

 分かりますでしょうか。フェンダー中間部からテール部に掛けて、かなり扁平してしまっています。まるで海老の尻尾。

2010012912

 固焼き煎餅状態に皹々なテールランプ装着部。
 今までどうも有難う。安らかに眠れ~と言いたいのですが不燃ごみの日は来月17日。暫し待たれい。

2010012913

 さてではひとっ走り、と行きたいトコロだったのですが、最早日は西に傾き、気付けば昼飯も摂っておらず・・・・・

2010012924

 振り返る東の空には真ん丸いお月様。明日は本年2度目の満月です。
 以前、山田深夜氏が太陰暦に引っ掛けて書いておられた面白い文章をフト思い出しました。

 走らずともなかなかなバイク漬けの休日となりましたとさ。
 めでたしめでたし。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

十戒

20090223_2

 「犬の十戒」 http://somalism.net/tencommandments.html という詠み人知らずの詩をご存知でしょうか。日本では映画にもなったようです。

200901202

 先日偶然netで知りまして何気なく読んだのですが、思わず目頭が熱くなってしまいました。

2009052001

 自分は昔、飼い犬ととても悲しい別れ方を致しまして、それを何処かでずっと引き摺っていたのだなぁと、改めて気付いたり。

2009042000

 ツーリング先でわんこに会うと、いつも思います。・・・Are You Happy?

 元々はこの記事から辿っていきました。「バイクに関わるすべての人へ。守ってほしい、10の約束。」 YSPさんのblog記事です。http://www.ysp-hamamatsu.co.jp/blog/2010/01/20100117-rider10.html
 ただし、バイクに関してはこうは思いませんが。ちょっと痒い(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

XS2(XS650E)

 TX500乗りの青年と数年振りに再会。

 真冬とはいえ、バイク談義に花が咲く。

 なんと参謀さんとも面識がお有りだそうで。

 世間は狭いのか、

 それとも人と人との和の中に、

 自分も有難く取り込まれているということなのか。

 なにはともあれ、バイクは楽しい。

  ・~・~・~・~・~・~・

 映像はXS650Eの輸出仕様。

 カラーリング含め、今一番好きな単車。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

日記

20100122a

 松代城(海津城)。城自体は今は無く、遺構としての土塁や堀と、再築された太鼓門が、遠い昔を偲ばせます。

20100122b

 松代。幕末にはあの佐久間象山を輩出した、真田家十万石の城下町。また大本営の地下壕跡、池田満寿夫美術館など、何気に色々散在している、とはいえとても静かな町並み。

20100122c

 ほぼ当時そのままの、松代藩文武学校。入場料は缶コーヒー約2本分。
 そして自分が一服している間、何故かバイクの周りを全力で走り回る少年。

20100122d

 大寒を越えたのは2日前。本日はずっと氷点下の当地でした。もはや限界です。

20100122d_2

 そんな日にエンブレムを交換するものですから、案の定、塗装がパリパリと剥がれ落ちました。
 ま、それは置いといて、ついでにたまには出演を、と。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

雑記

2010011903

 長崎は雲仙にある仁田峠。ううむ走ってみたい。

 話は飛んで、我らがカワサキ。

 純正部品の価格改定が行われるようです。

 加重平均3.8%UP、だとか。

 nani-sore~?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

続・絶版

2010011901

 本気で探し出せば案外早い巡り合わせでした。気合勝ち。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

輸出用テールランプ・ブラケット

20100118d

 冬の弱々しい陽射しの下、表題パーツへの換装作業です。左のブラケットを右に。別段大した作業ではないのですが、なにぶん寒い(気温は1℃だったようです)。途中、欠損しているナットを買いに近所のパーツ屋さんに行きましたが、「よくヤルねぇ・・・」と半ば呆れられました。そういう店長さんこそ、夜中に自分の店先で愛車の70'sビートルを弄ってらっしゃる訳ですから、そこはそれお互い様。

20100118e

 衝撃の事実。亀裂は例の横っちょの比ではありません。これは近いうちに新しいフェンダーを手配しておいた方が良さそうです。ひとまず本日は、何も見なかった事にしておきましたとさ。

20100118b

 余談ですが、ウィンカー装着の際はこのズレ防止用のポッチをナメないよう留意しましょう。

20100118a

 beforer→after
 ブラケットの製造精度がいまひとつで、ナンバープレートが若干反り返っています。また、どうも右肩上がりになってしまうブラケット全体でした。まあいいか。日本人だし、“~下がり”よりは景気イイ事だし。

20100118f

 Yes.走らない訳がありません。圧雪道と化している日陰の駐車場を慎重に抜け出し、久方ぶりの冬晴れの街へ。

20100118g

 そういえば、懲りずにまたインナーパンツを購入しておりまして、試着走行も兼ねておりました本日。購入しましたパンツとは、DIY店売り切りセール品の¥470:フリース・パンツ。結果は・・・イケる!イケる!全然イケる。ということで、このパンツの10倍もしたあのハイテク野郎は一体何だったのかと。今度キャンプの焚き火にくべてやろうかと思います。

20100118h

 いつもの土手をピストンして帰りました。各所問題無し。少しだけ引き締まったリアビューに満足です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

絶版

20100117

 多分、全国各地を隈なく探せばどこかの小さなお店さんなどには未だ残っている筈です。そう信じたい。しかし今のところは八方塞の状態。
 気長に探すぜベイベェ。   注)画像のパーツナンバー品ではありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉

20100115_2

 予てからお袋が行きたがっていた法師温泉へ、来月行ってきます。遅い正月休みを利用して、たまには親孝行を、と。ところで予約の為に調べていて気付きましたが、ここ法師温泉って、あの映画のアノ場面の所なのですね。でも・・・爺婆ばっかりだろうなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

西の朋

20100114

 お元気そうで何よりでした。

 オマケも頂き、感謝至極です。

 またいつかお逢い致しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弛緩

2010011304_2

 年末年始以来の、やっと本当の休み。

 立ち寄った温泉で全ての箍が緩む。

 財布の紐も緩んだようで。

 W6のパーツを幾つか注文してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

錆取り

2010011203

 こういう作業は柄じゃないのですが。

 それでもなんだかんだで輝きを取り戻したサイレンサーには満足。

 とはいえ乗れなきゃ全く意味がない。

 外は雪。気温零度。

 そうだ。あのパーツを手に入れてみようか。

       ~ そのうちつづく ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再会

20100111b

 一昨年前の夏の北海道ツー。帰りのフェリーで仲良くなったSR乗りの青年が、1年半振りの本日いきなり職場に遊びに来ました。びっくりです。「ああそうそう。こいつだった・・・」と、お互い暫しの睨み合い(笑)。その後ようやく握手を交わせば、あの日フェリーの船尾で潮風を受けながら話した様々なことがまさに走馬灯のように駆け巡りました。いや~それにしても良く参られたなおぬし!と、社内の痒い視線をやや内角高めに見送りつつ、その後の互いの変遷および近況を交換し合う2人なのでした。
 彼は昨年夏も2ヶ月ほど漂泊していたようです。コミットメントしていたように、チャリダーと化して。「今年も6月下旬頃から行こうと思います。でももう、今年が最後かな~」と流す視線の先には、可愛い女性が1人。なるほど♪それはそれで善いではないか青年よ。
 今夏は自分も再び彼の地を踏む予定ですと告げれば、それならば是非どこかでツルみたいですねと話は進めども、そこはそれ、ならば何時何処で誰が~等と野暮な約束を全くする気がないのはお互い様。縁があれば三度会える事でしょう。

 北海道。昨夏は雨が多く寒かったようです。「今夏はきっと暑くなりますよ」と笑って彼女と去っていく彼を見送りつつ、自分も遅い昼飯を摂りに外へ。
 北海道か・・・・・いいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娯楽雑誌

2010011002

 久しぶりに購入してみると、付録なんてのも付いていたり。
 わたしゃも少し活字が欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cover

20100111

 つんつるてんなのです。W6のカバー。6年前の納車時、「ついでに頂戴な♪」とバイク屋さんから半ば強引に捥ぎ取ったものです。だもんで、サイズが合ってない。頭隠して尻隠さず改めマフラー隠さずで、今冬、とうとう風雪に晒され続けたサイレンサーに錆が。ということで、すっぽり収まるバイクカバーをネットで物色していたのですが、何気に高いのですね、カバー。すっかりやる気?がそがれました。

 カバー繋がりで。
 これはQueenのフレディ・マーキュリー追悼ライブ。様々なミュージシャンがフレディに代わりボーカルを務めるのですが、その中でもこのG・マイケルは素晴らしい。噂には聞いていましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EJ650

2010010801

 京都・龍安寺の蹲踞(つくばい)。水を湛える中央の四角い枡を、その周りの四面に彫られた“五”“隹”“疋”“矢”の文字の偏や旁に準え時計回りに読みますと、「吾唯足知」、こうなります。
 そんなことをぼんやり思っていた、今年の乗り初めでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗り初め

2010010701

 ここ数日のうちに色んな気象条件が良いベクトルで重なって、なんとか松の内に乗り初めを行うことが出来ました本日。もはや日当たりの良い土手ぐらいしか走るところはないのですが、それでも暖かい陽射しに背中を押されつつ、1~2時間ほどバイクでぶらつくことが出来ました。

2010010702_2

 ところで久々にバイクカバーを外してみてびっくり。襤褸のカバー故、常に風に捲り上げられ風雪に晒され続けてていたのでしょう。マフラーが錆び錆び。フロント・フェンダーにも嫌な斑点がポツポツと浮かんでいました。

2010010703

 まあそれはそれ。形あるもの、何れは皆、朽ちて往く。
 気持ちよく晴れ上がった冬空と、素っ裸になった木々を見上げつつ、暫しの一服。

2010010704

 もう春にしませんか?とでも言いたげな土手の青草。
 実際、これからが冬の本番の当地です。

2010010706

 な?わんこよ。

2010010708

 こうして2010年度の我がバイクライフが無事幕を開けましたとさ。
 めでたしめでたし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

思走

20100101b

 2010年はご覧のような雪景色で幕開け。
 この様子ですと当分の間バイクに乗れそうもありません。
 とはいえ一年の計は元旦にありと言いますので、ああだこうだと今期の走行計画を頭の中で廻しつつ、小雪舞い散る中、初詣。

20100101c

 今年の干支は寅。寅は北東微南の方角。されば今夏、再び北の地を踏もうぞ。
 仕出しの甘酒を舐めつつ、社に飾ってあった虎の屏風絵と、暫しにらめっこ。

 今年も残すところ、あと364日です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

謹賀新年

2010010101

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »