« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

CB1100

20100226

 * 画像はホンダ技研工業(株)さんから拝借(ダメ?)

 素直に格好良いなと思います。ハンドルも2タイプ用意などと用意周到。一緒に走ってみたいバイクです。

 さて。ヤマハはSAKURA、カワサキは“mkⅡ”を、期待しております。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

jinx

 ただでは越せない引越し前の不思議な法則。

 今回はなんと・・・・・

2010022403

 ステップを留めているボルトが折れました。

 「引越ししたくない・・・んじゃありませんか?」

 と、バイク屋さんのメカニックチーフは静かに言いましたとさ。

2010022401

 キャブのO/HもあるのでW6はそのまま入院。

 ハイビームが点かない原因は、ブースターのリレーでした。

 ついでにめねじが逝ってしまったヘッドライト・リムも発注です。

 やれやれと、代車で風斬る、帰り道。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

さよなら雪国

2010022201

 毎度毎度のバルブ玉切れで御座います。ひとまずホームセンターに駆け込み4輪用で事無きを得たと思っていたのですが、あれ?何故だか点灯しないハイビーム。
 ・・・ま、いいか。

2010022202

 ようやく春の訪れを間近に感じさせる気温となった本日、行けるところまで行ってみようといざ北上。しかし徐々にモノクロになる視界、日陰のグロスフィニッシュな黒いアスファルト、そして大河の如く悠々と道を跨ぐ融雪水に、志半ばで撤退。

2010022203

 麓まで近寄って、別れの挨拶をしてこようと考えていたのですが・・・ま、いいか。あばよ雪山。またいつの日か。

2010022204

 ところでリム側のめねじがバカになっちゃいました。やれやれです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

トモサイショ2010

Tms2010

 忘れた頃にやって来る、東京モーターサイクルショー。今年も無事開催される模様です。果たしてその規模は?その内容は?
 ひとまず今年はバイクで参上出来そうです。休みを盗らねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリズンホテル

2010022001

 ほほう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

point of view

2010021705

 ふむ。なかむらさんの仰るとおりでござんした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら信州

2010021701

 近く信州を去ります。色々あり過ぎて、今はまだうまく整理も付きませんが。とにかく、走れるだけ走っておこうと、気温1度の街中へ。馴染みのバイク屋さんに立ち寄り、キャブレターのO/Hの段取りを付けてきました。可能であれば、こいつに乗ってこの地を後にしたいなと。

 信州。なんだかんだで、最高の6年間だったと思います。
 まさにW6かな。

2010021702

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

汚れた英雄

2010021501

 別に汚れていないように思いました。ただし原作の小説とはかなり掛け離れた作品となっているようです。本来はその時代背景が劇中より1~2回りほど古く、その当時に活躍/実在したライダー達も登場するなか、この主人公(モデルとなったライダーがいるようです)が自らの野望に向けて伸し上がっていくというダークなストーリーのようです。反して映画は、やや単純なレースアクション・ムービーかと。
 80年代前半の、しかも角川作品なのでアレなのですが、これはこれで結構楽しめました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

vagabond

20100213

 たまには漫画も良いものです。
 ところでバイクの漫画は読んだことがありません。調べてみますと、既存/廃刊含めてなかなかの数が出回っている(いた)事が分かりました。そのほとんどはいわゆる“走り屋”系の作品のようなのですが、なかにひとつ、「W1ララバイ」という少々毛色の違った作品を見付けました。別に“W”繋がりだからどうのという訳でもなく、そのカスタマーレビューや語られる著者のその人となり包めて、非常に興味を覚えました。
 いってみます。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

耐久性

2010021001

| | コメント (3) | トラックバック (0)

休暇・弐

20100209a

 以前ご紹介したことのあります何故だか持ってるW3のインジゲーターカバー。上の穴がなんなのかずっと疑問に思っていましたが・・・

20100209b

 なんとこの穴、キーホルダー収納用の穴なのだそうです。確認してみると、背面にはしっかり「KEY HOLDER」というシールも貼られておりました。へ~。

2

 ルパンや不二子がバイクに乗るのは知っていましたが、とっつぁんも乗るとは驚きました。しかもこれ、トラですね。ほほぅ。

2010020900b

 さて本日は、近場で開催されている灯明まつりに足を運んでみました。石畳の参道に灯るは、柔らかな蝋燭の光に揺らぐ百数十個の灯ろう。そして進んだ先の境内には、オリンピックにちなんだ5色の光でライトアップされた山門や本堂が、夜の闇間に色鮮やかに浮かび上がっておりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

休暇

2010020801

 雪が眩しい本日。ホワイトアウトに気をつけつつ、大通りの雪解け具合と陽射しに誘われ近所を一回り。Yes.融雪水でドロドロです。でも気持ち良かったです。バイクはイイな、ホントに。

2010020802

 寒いので洗車はせずにフクピカで済ませました。傍らに置いたラジオからは国会中継。久々に真面目に聞いていました。う~む。やはり人ですから、その表情を見ないことにはどういうつもりで論じているのかが今ひとつ判然としないなと、その老獪な質疑応答にいささか眠気も感じつつ、作業終了後の一服二服三服。

2010020503

 カワサキ・バイク・マガジンとチェーン・クリーナーを買ってきました。
 明日からまた、天気は崩れる模様です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

頓挫

2010020701

 例の温泉旅行ですが、日程にも場所にもドンズバに大雪が降りまして、安全を採って今回はキャンセルにしました。気合を入れていただけに虚脱感甚だしく、所在無いままに暫く近所をうろついてしまいました。

2010020702

 小憎らしいことに本日は晴天で、気温も4~5℃程まで上がるらしい。軒下にW6を引っ張り出して、日向ぼっこしつつ、マック(関西ではマクド、ですか)の新製品“ニュー・ヨーク・バーガー”で昼食を。
 ニュー・ヨークも凄いのかな・・・雪。

2010020705

 ちょっと気分をすっきりさせたくなりまして、標高1,000mまでハイサホイサ。遥かに見下すは、雪化粧した我が町並みです。まだまだ冬、ですねぇ。

2010020706

 頂にある湖。完全凍結の上に真綿のような雪が降り積もっていました。

2010020707_2

 冬来たりなば春遠からじ、かな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

立春

 本日は立春。春の気立つを以って也。とはいえ当地では朝から降雪。今が寒さの1番のピークかと思います。そして我がW6の前輪には犬のマーキング。少しだけ電柱の気持ちが分かった気がする。

2010020401

 気温の低さ(本日は零度以上に上がらない模様)は覚悟して、非常にダスティーだったブレーキパッドの洗浄を実施。

2010020402

 ココアパウダーのようなブレーキダスト。非常に有害だそうで、吸い込まぬよう留意。キャリパーを分解洗浄し、ピストンをモミモミし、稼動部にシリコングリスを塗り、最後にパッド裏へ啼き止めのシムグリスを塗り・・・・・忘れて組み付ける。

 そうこうするうちに日が射しだして、これは乗らずば漢が廃ると、泣く子も凍る街中へ。
 気付けばもう、メッキなアイツは居ないのです。それでもその漆黒のケースに映る紺碧の空は澄み渡る。

2010020403

 整備したブレーキ異常無し(ちょい啼くけど)。先日実施したライト周りもリアフェンダーも問題無し。
 ひとつだけ。クラッチ遊び過ぎ。昨年10月にケーブル交換をしてから徐々に伸びていたようです。

2010020404_2

 さて・・・と。この土地が好きになってきた6年目の冬。仮に今春去ることになっても、また今暫く残ることになっても、何れにせよ何時かは此処を後にする。1日1日、大切に、この目と身体とバイクに焼き付けていこうと思うのです。

2010020405

 どころで今日は寒過ぎる。エンジンを切るとあっという間に油温が下がりますぜ。

2010020406

 でもね、気付けば随分と日が長くなっている。
 やっぱり立春なのだ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

Volkswagen Karmann Ghia

20100202

 マシン然とした質感と、時代が一回りした今となっては逆に新鮮さすら覚えるそのデザイン。素直に格好イイなと思います。許可無く写メを撮ってしまいましたがオーナー様どうもすいません。

 さて。そろそろhondaからCB1100が出るようです。また同社からはスポスタに酷似したシャドウRSとかなんとか言う海外モデルも出たとか出ないとか。またHDからは“48”とかいうちょいホッパってる1200ccのスポスタシリーズが本国米でデビュー。YAMAHAはひとまずSRを復活させましたし、スズキは・・・スズキは良く知りません(笑)ので。
 というような各社の足並みのなか、さあ我らがカワサキは今後どうするつもりなのでしょうか。

 明日3日は節分、そして翌4日は立春です。季節は巡る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »