« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

night rider

2010042702_2

 出だしは crosstown traffic ~ ♪ (by Jimi Hendrix ) な気分。

 深夜の都心。タクシーの洪水。それでもきびきびと流れるその車列に付き従い、また時にはリードしつつ廻るお江戸八百八町は、実は半径10kmほどで掌握出来る、田舎暮らしの過ぎた自分には、今となっては思いのほか小さく感じる土地でした。
 凝縮し過ぎ、人多過ぎ、なのでしょうね。

2010042703_2

 眠らない街なのはある一部。夜半も過ぎれば徐々に灯も落ちるオフィス街です。
 神田辺りでバイクを降り暫く歩いていましたが、普通に民家もあることに今更ながら気付きます。

2010042705_2

 皇居から西はスルー。
 上野から、浅草、両国辺りをフラついて湾岸道路へ。
 

2010042706_2

 お台場。バブリーな印象(失礼)の土地。

2010042707

 八ちゃん寝る。

2010042708
 埠頭周辺で煙草2本分、道に迷いました。
 結構バイクが居たのには驚きです。夜中の2時過ぎですぜ(自分の事は棚に上げる)。

2010042710

 間違って入り込んでしまった、音のしない羽田/東京国際空港。
 もはやタクシーすら通らず、時折過ぎるのは大型トラックの群れ。
 草木も眠る丑三つ時、か。

2010042711

 アクアラインへ旋回。
 このまま東京湾を1周してしまうことにしました。
 どうせ明日は、雨の休み。

2010042712

 東京湾アクアトンネルは海の底。
 ところでこうやって聴くと、ノーマルマフラーも結構太い音が出ている事が分かります。
 でももう飽きた(笑)。所詮Fライダーなのかな自分は、と。

2010042713

 海ほたる。通行料高過ぎ。

2010042714

 拡張してキャンプサイトでも作れば面白いのではないでしょうか。面白いのは自分だけか。でも、海の上で天幕を張る、というのもなかなか無いですし。

2010042715

 さてと。総州へ戻ります。
 海上の風速は6m。やや吹いていますね。

2010042716

 あちらは木更津。戻ったとしても、たかだか200kmにも満たない東京湾周遊ルート。
 これからの季節、夜遊び(安全に)にはもってこい、かもです。

2010042717

 あらやだ。明けちまったぃ。
  注) 「ハロ~、マイケル♪」などと突っ込まないように。なかむらさん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夢の国へ

2010042601

 夢の国もおやすみタイム。

2010042602

 “~ sea”にも行ってみた。

2010042603

 誰もいない。

2010042604

 ある意味、こちらも夢の国。

2010042605

 所用で初めてカブに乗りました本日。
 最後までシフトの仕組みが分からなかった。
 エンブレ、キツイっすね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

頑張れ若造

20100424

 職場の後輩が終に免許を取得。スズキに乗るのだとか。

 してコヤツ、申し訳ないのですが頭の螺子が足りないヤツでして。

 しかも、2つ。

 心配です。

 ひとまずお祝いに、レトロレーシングのメットを進呈することにしました。

 頑張れ若造。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

晴走雨食

 昨日21日は“春の丑の日”。お袋を鰻屋に誘いました。車で行ったので酒は入れられませんでしたが、それでも上気したのか幾分饒舌になったお袋は、鰻にまつわる親父との淡い思い出話を語り出したり。色々あった我が家でしたが、久しぶりに暖かい気持ちになったひと時でした。
 お店の外は冷たい雨。風も少し出てきたようです。もし晴れていたら、きっとまたバイクでどこぞをほっつき歩いていた自分でしょうから、今日のところは雨に感謝、かな。

 そうだ。つんつるてんのバイクカバーを新調しなければ。この雨で足回りだけびしょびしょのW6がちょっと不憫です。

20100422

| | コメント (6) | トラックバック (0)

房総半島

2010042101

 海に囲まれた長閑な土地。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十字架

2010042000

 強く生きなきゃと思うんだ ( by 尾崎豊 )

 皆様、お気をつけ遊ばせ。敵は手薬煉引いて待っております。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

食玩

2010042001

 出社時、電車に乗り遅れまして、缶コーヒーで一服。

 ははぁ。ウィリーして走るのか。

 カワサキは無かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜走り

20100418

 今日を昨日に、明日を今日にと、バイクでページを捲るひと時。

 虫が来る前に。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続ノーマル回帰

2010041401

 ノーマルマフラーに換装です。検めると重いですねこいつ。足も使ってひとまず無事装着。ガスケットは新品に、連結部には液体ガスケットを塗布。

2010041402

 ハロ~触媒ちゃん。よく見ると、「470」とは排気口が微妙に違う気がします。

2010041403

 ノーマルのこのエキパイの角度がちょっと嫌い。ちんまり正座しているみたいです。それではエンジンを始動してみましょう。

2010041404

 こ、こんなにお静かでしたっけ!?
 ひょいとアクセルを捻っても、そのまま針が跳ねるだけ。物凄い消音効果です。
 とにかく今日は、半日試走してみることにしました。

2010041405

 国道409号線/海ほたるPAへ。さてそのノーマルマフラーの所感。静かです。今まで社外マフラーの音で掻き消されていた走行中の周りの音が良く聞こえます。登校中の学生達の嬌声、信号待ちの爺様のくしゃみ、屋根上の鳥の囀り、4,000回転を越えるとゴロつくエンジン音などなど、とても新鮮でした。

2010041406

 100kmまでの加速は速くなった気がします。気、が。それより上はやっぱり鈍臭いかもです。でも、エンジンが回っているという掌と股座からの感触は、実はこちらノーマルマフラーの方が上なのではないかとも思います。今まで音に惑わされ過ぎていたのかも知れません。でも、音って重要なファクターでもありますよね、バイクにとっては。なかなかすんなりとは割り切れないものです、正直。
 というところで、渡り切って横須賀のドン詰まりまで流そうかと思っていたのですが、Uターンして房総に戻り、次はクネクネ道を試してみることにしました。

2010041409

 房総って国内で1番最高峰が低い土地なのだそうです。ゆえに信州のようなワインディングは望むべくもなく・・・。それでもあっちこっちとほっつき歩いてきました。やはり登坂はトルクを感じます。ノーマルマフラー。「ぎゅい~ん!」って音ですけど。

2010041407

 菜の花を観にマザー牧場まで。

2010041408

 停めるとマフラーがキンカン鳴ります。走行中も鳴るのは何故なのか?

2010041410

 養老渓谷周辺の山道はなかなか面白かったです。また来よう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

オートバイ・ライフ

20100413

 若い頃に出逢っていたら、「・・・なにかとイケ好かない奴(怒)」で終始していたと思います。でも今の自分にとっては一服の清涼剤のような存在の、この著者の作品です。以前にも記しましたようにその内容の全てに共感出来る訳ではありませんが、例えば今回ノーマルマフラーに戻してみようかという行動に至った主たる要因は、これら彼の著書群であることは確かです。
 人生はタイミング。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ノーマル回帰

2010041201

 何時かは戻ろうと思っていました。そんなところ、先日偶然こいつを見付けまして勘で入手。なかなかの状態にひとまず当たりかなと。

2010041202

 にしても、要所要所のクオリティが・・・・・ま、いいけどよ。

2010041204

 '04モデルの自分のW6には本来「470」が装着されています。初期型の触媒無しが「395」ということですから、こいつはその間の生まれかな。
 ともあれ、「カブロク」と揶揄されたあのサウンド再び、です。加速も本来のものに戻る筈ですから、楽しみ~♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

pit

 徐々に活動範囲も固まってきた新天地での生活ですが、ひとつだけ、バイクのピットがまだ決まらない。ということで・・・・・

2010040901

 まずは最寄のこのお店。余所者の自分はまず会費¥21,000を払ってから、になりますが、入会にあたり付随する各種特典は、全国を旅する身の上としてはとても魅力的な内容でした。

2010040902

 お次はここ。通うにはちょっと距離がありますが、やはり“餅は餅屋”、的な考えを採るならばこちらでしょうか。オリジナル・ボアアップの750cc/W6とかもありますし。なにより接客頂いたスタッフさんが好印象でした。
 さて。如何いたしませう。

2010040903

 そんなこんなで本日は、ここ最近の運動不足を解消すべく高速道路へ。暫くこの“ジム通い”は続きそうです。

2010040907

 適当なインターで降りまして、むぎさんが涎を垂らして(失礼)萌えまくりそうな臨海工業地帯を突き抜け(て良いのかどうかは定かではありませんが)出た先が、この曇天が良く似合う無機質な東京湾。

2010040905

 総州は面白いところです。東西で顔が違う。次回は南下して房州、もしくはさらに西へと武州へ渡ろうか。

 ところで先日、格安でノーマルマフラーを手に入れました。近々換装予定。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

running free

2010040802

 朝焼けに映える桜並木を堪能しつつ向かった先は、太平洋。久しぶりの、そしてまた総州に居を移してから初となるツーリング。
 下道400km弱をみっちり12時間掛けて走りました。ちょっとアクセルと腰が捻り足らないツーリング内容だったのですが、如何せん起伏に乏しいこの地ではこれが定番のツーリングスタイルとなりそうです。ま、これもアリかと。 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

それぞれの春

20100406

 気付けば職場の後輩の1人はバイク乗り。現在、大型免許を取得中だそうで。そして案の定、単車の方は既に購入済みだとか。
 頑張れ若造。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

逍遥

2010040203

 生活が変わり思うように乗れなくなりました。それでも雨上がりの暮れ掛けた街中を小一時間ほどぐるりと一回り。街道沿いの桜も本日ようやく開花したようです。

2010040204

 急激に錆びだしたW6。
 帰宅後、フクピカと、チェーンの清掃/注油。
 作業後の一服をつけながら、W6を眺めつつ足りない頭で考える。
 世話になるバイク屋さんを探さなきゃ。
 それと、静かなマフラーに替えよう。

 2010年も第2四半期に入りました。
 光陰如箭 日月如梭 単車易錆学難成
 
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

無題

20100401

 何時かは来るのでしょうね。
 乗れなくなるのか、乗らなくなるのか。
 
 それにしてもこの文庫本、ページの余白が、変です。
 これから読み進めます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »