« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

物欲の螺旋を見上げ一歩踏み出す

2010531

 怖くて飲めない、箱根のお土産。

 さて。突然ではありますが、遂に乗り換えに向け本格的に始動致しました。狙うは中古の○×△◇☆。現在、他者様の商談中物件なのですが、縁があれば自分の方へ来るでしょう。所謂キャンセル待ち状態、というやつです。縁がなかったら、そこはそれ何事も無かったかのように・・・・・。

 人生は縁とタイミング。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

余所者

2010052801

 巷ではiPadで大騒ぎしている本日、房総の林道を阿弥陀走り。どこをどう走っているのか皆目検討も付かないその猥雑極まりない路が、やがてひとつの偶然を引き起こす。

2010052803_2

 しえ~。久々にブルった。

2010052805

 そんな、とある某所界隈。
 兎・・・?かと思ったら子猫だったり、

2010052806

 ・・・ご、ご臨終!?かと驚いたら、ただのご就寝だったりと、

2010052804

 とにかく、どうも自分の来訪はあまり快く思われていない模様。
 さいですか。されば余所者はとっとと帰ります。

 そんなこんなで大多喜城址で暫しのお昼寝。

2010052809

 今夏の南紀巡りに向けての準備を開始。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

物欲の螺旋を降りる

20100527

 バイクに乗るときはしないのですが。携帯もありますし、なによりW6に付いていますから。でも、気温や標高を計れる機能が付いているものならば面白いかな、と時々思います。先頃カシオからそのような機能を満載した新製品が発売され興味をそそられていましたが、良く良く考えてみればさして必要でもないのですよね、そんな機能。
 これは10数年前に山陰を旅した時、鳥取の質屋さんで手に入れた手巻き。2度のO/Hを経て今も元気に動いています。

 さて。明日は久々W6を洗車してやろうかと思います。半年振りかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南紀

 今夏は南紀を周ってみようかと思います。

20100524

| | コメント (4) | トラックバック (0)

650RS/W3

2010052401

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

南総

2010052101

 南総 さっと見 発見伝

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

面従腹背

2010051901

 「もういい加減、バイク止めれば?」と言われました。

2010051902

 「いい歳なんだし」
 ・・・だとか、

2010051903

 「心配だし」
 ・・・などと、

2010051904

 先日、誕生日だったのを機に、一時議論が一方的に進んでいく。

2010051905

 うむ。
 その件については深く検討してみます。

20100518

 祝いに貰ったジンを片手に、次なるツーを目論みT/Mのページを捲る、雨の午後。
 謝意。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

甲州

2010051802

 車道における国内最高地点(峠)とされる大弛峠を目指した本日でしたが、14km手前で冬季閉鎖中、残念ながら未踏に終わりました。結果、大菩薩ライン、焼山林道、クリスタルライン、乙女高原、御岳林道、昇仙峡、道志道などなど、日がな一日甲州を周遊。新緑艶やかで木漏れ日眩しい山中を堪能することが出来ました。画像は柳沢峠。標高は確か1,500m弱でしたか。これくらい高みに上ると空気も澄んできて気持ちがよいです。ちなみに件の大弛峠は標高2,360m。マイカーでは通行できない乗鞍スカイライン(2,702m!)、富士山スカイラインの新富士山五合目(2,400m)に次いで、標高の高い道路になっているようです。○カと煙は高いところ高いところ♪に登っていくのでありました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥久慈へ

2010051402

2010051403

2010051404

2010051405

2010051407

2010051408

| | コメント (2) | トラックバック (0)

追憶

2010051201_2

 

2010051204

 

2010051200

 

2010051205

 雨上がりの故郷の街。

 大通りと感じていたあの道の、なんと細かったことよ。

 遥か彼方に感じていた隣町の、なんと近いことよ。

 草野球に明け暮れた空き地は家並に変わり、

 くわがた捕りやザリガニ釣りの森は道路で縦断され、

 チャリで屯していた商店街は今はもう昔、

 ひっそりと閉ざされたシャッターに、

 バイクの排気音だけが響き渡る。

 

 久しぶりのティンバーランド。

 シフトのタッチ感は、コイツが1番いい。

 

 墓参り。

 一時、時間が巻き戻る。

 

 KTCを1本、手に入れる。

 しっかり噛ませば、がっつりナメた。

 ああこりゃこりゃ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

代価

 反省。

20100507

| | コメント (4) | トラックバック (0)

箱根へ

20100506b

 箱根へ。1時間半余りで小田原に着き、出だしは順調。初めて走ったトーヨータイヤ・ターンパイクも綺麗な道でしたが、県道75号線/椿ラインの方が好みでした。往復してしまいます。

20100506a

 十国峠でお土産に新茶を買って、その後は定石の伊豆スカ・・・には向かわずに、芦ノ湖スカイラインへ・・・・・と、この記事を書いているたった今、MTさんからTELが入りました。現在九州ツーの真っ只中とのこと。阿蘇に居られるそうです。無事のご帰還、お祈り致しております。
 戻って我がツーリング。実は本日この後、自分の方はMTさんのお膝元、湘南辺りをフラついておりまして、MTさんに電話をしてみようかなぁなどと考えていたりしたものですから、先ほど携帯が鳴ったときにはちょっと驚きました。自分の数少ないバイク乗り仲間は全国各地に点在されておりますからめったに会う事は出来ないのですが、こうしてポイントごとに絶妙なバランスを保ちつつ繋がっている(と勝手に感じていますが)というのが、とても楽しく、かつ有難く感じます。
 そもそも本日は信州に行く予定でして、参謀さんとも出掛けにやり取りをしていたのです。で、本日の参謀語録。

 ~何事も迷いがある時は「欲」を捨てろ~

20100506g

 ところで立ちゴケしました。どんまい。
 また湘南では、四輪のドライバーとケ・・・(以下、自粛)。

20100506e

 そんなこんなで無事の帰宅後オイル交換を実施。ところが潰れたワッシャーがドレンボルトから外れない。工具で割れば良いだけなのですが、まあいいやと再利用。すると今度は油温計が外れない。膨張している金属が冷えるまで待てば良いだけなのですが、掌に血豆まで作って開栓、と。
 ということで本日も色々楽しゅう御座いました。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

EX-413NLD

Ex413

 クシタニのカントリージーンズ・リミテッド。良さそうだなあこれ。
 しかし、その販売価格を見るや溜息と伴に右上のバッテンでwebを閉じる、嗚呼慎ましき我が暮らし。

 我に幸あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏GW

2010050301

2010050302

2010050303

 内堀通りに、外堀通り。

 風薫る五月の、そんな夜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Tokyo Metropolitan Expressway

2010050103

2010050104

2010050105

2010050108

2010050102

 GWは連日好天のようで嬉しいですね。自分は仕事なのでせめてもと、夜走りに。首都高を意味なく2周程駆け回ってきました。
 陳腐な表現ですが、綺麗ですよ~夜の摩天楼。特に今日は、昇ってきたお月さんも特別参加してまして、川面に映り込むその人工と天然の彩光がそれはもう美しかった。ちょっとびっくりするくらいの景観です。無理な相談ですけれど、停まって写真が撮れればなと残念に思いました。
 夜の首都高。面白いように街中を縫うその道は、適度なアップダウンとカーブが入り混じる、まるでゲームの世界のような道。夜中ですからタクシーも業務車もすっ飛ばしていますし、湾岸方面ではポルシェにフェラーリにカウンタックにと、色んな人種も居ます。もちろんバイクも。そういえば動物も居たな。パンダ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »