« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

風呂へ

Bmw

 BMWってどうだろうか。見た目ならこのR100GS/パリダカが好み。

Harey

 しかしやはり、このリジッド/ツインプラグのスポに、まだ未練を感じても、いる。

Honda

 新車で、ということならば、このCB1100が1番嗜好に近い気もするが、

Yamaha

 所詮4発(偏見)。ならばいっそのこと、単気筒のオフでもどうか。

Motoguzzi

 いやいやバイクはやはり、ツイン。・・・縦か。

Suzuki

 そういえば本日、この1,100が1,100千で売っていた。しかして、こいつでロンツーや、ましてや犬の散歩走行は可能なのであろうか。

Triumph

 結局行き着く先は、普遍的デザインとその汎用性が売りの、この周辺になってしまう。

Kawasaki

 そしてW6。こいつなら事故の補償金内で賄える筈。中古の玉数も多い。
 洒落に生きるなら、手放したアイツを引き揚げてもいい。
 ただし、こいつの復刻版が出るのであれば、それを待つのもアリ。それが1番得策なのかも知れない。
 その際は、その乗れない半年間をどう乗り切っていくのかが問題だ。

 とりあえず、風呂に入ってゆっくり考えよう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

9/28 状況報告

2010092801

 通院を開始しました。朝から遅い午後まで掛かって病院内をあちらこちら。がきんちょから爺婆まで様々な人が犇いている院内のその様は、まさに人生模様。色々考えさせられてしまいます。帰宅後、主人の帰りを待つ蛻のガレージ(とは言えないが)を横目に、雨の中を散歩。

2010092802

 もはや状況を受け入れ愉しみに変換するしかあるまい。ということで、バイク屋さんをちらほら覗き見。

2010092803

 とはいえやはりそこはそれ、テンション騰がらず。ぐるっと店内を一回りして、足早に雨の中に戻っていく。

2010092804

 「よお。ま、しっかりやんな!」

 雨晒しのワルキューレが、そう言ったとか言わなかったとか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

芋煮会 ダイジェスト版

2010092101

 毎年恒例、2台のW6での1泊キャンプツー・イベント/“Double W”。今年は装いも改め、つまりは自分がスポ乗りになったことや風來坊主さんも参戦ということから、結局“芋煮会”(笑)に改名致しました。鳥取、富山、千葉から、日本のお臍に集まります。
 ということで、まずは高速バビュ~ン走行。それにしても・・・・・秋の連休谷間の高速道路でしたが、其処此処で事故を目撃しまして。関越ではかなり大きな事故もあり一時SAに閉じ込められたりもしました。それでも集合時間の1時間前には道の駅:三岳に到着。まずまずの滑り出しと言えたと思います。そして改めて道中の安全を心に誓った初日の遅い午後、でありました。

2010092102

 サプライズ!
 参謀さんが差し入れを!
 し、しかも・・・XS1!
 これだからバイク乗りは止められないのです。

2010092103

 程なくして無事集結した我々は、一路御岳へ。
 今年最後の夏日となったこの2日間。結果としてほぼ満点のキャンプ日和となりました。

2010092104

 温泉に浸かり、お酒を酌み交わし、火を囲む。
 ただこの時だけのために、遠路遥々、好きなバイクでやって来る。
 アリだと思います。

2010092106

 明朝。雲の流れが異常に早い空を見上げつつ、御岳を登りました。

2010092107

 雲上のサーキット。
 あの志賀草津道路と南志賀高原~山田牧場周辺の道を足して2で割ったような道。
 最高でした。

2010092108

 このお二人方に出逢え、御近付きになれたことを誇りに思うのです。

 そんな事をしみじみ感じさせる出来事が、この後。

 それは突然、何の前触れもなくやってきたのでした。

2010092109

 細かい九十九折れの山道を登坂中、山肌から顔を出した車がそのまま自分目掛けて飛んでくる。
 運転手の恐怖に引きつった顔が今でも脳裏に焼き付いています。

 「何故!?・・・・・俺が」

 ぶつかるまでのほんの僅かな時間のなか、その言葉ばかりが、ずっと頭の中で回っていました。

2010092110

 運転していたお爺さん、御岳の朝日を撮った帰り、次は上高地に行こうか~♪と考えていたそうで、地図か何かを弄っていたのでしょう、ダッシュボードに手を伸ばしながら運転をしていた。結果、イエローを跨いで膨らむというよりは、こっち車線に突っ込んで来ました。
 人生初の救急車は1時間半後に到着。自分が乗せられるなか、現場検証の為にとその後数時間もの間、風來坊主さんとなかむらさんは残って事後処理をしてくれました。本当に感謝しています。有難う。

2010092111

 さて。
 強靭な精神と肉体の私は検査の結果、骨折ひとつ無く打撲・裂傷・肉離れ程度で済みました。その後警察署で事故処理待ち。兎に角山奥での事故なので行って帰って3時間なのだそうです。西村晃似の署長さんがとても親切だったことと、この警察署の黒板を眺めながら過ごした3~4時間で、徐々に自分の心も癒えて行ったのでした。
 その後最終的にケリがついたのは16時過ぎ。レンタカーで帰宅したのが21時という、とてもとても長い1日となった旅2日目最終日。

 相手は業務上過失なんちゃらや○○運転なんとかという、そんなことになるそうです。ひとまずは誠実なご老体でしたので、もう起こっちゃったこと、仕方ないかと。考えてみれば、自分にぶつからなかったらこの方、下の道路まで落っこっちゃったかも(ここ、ガードレールがなかったので)知れませんし、そう考えれば、強引に自分の気持ちにケリも付きますし・・・・・ま、付かないけど(笑)。

2010092112

 バイクは翌日こちらに到着。バイク屋さんから早速連絡を頂きましたが、廃車が濃厚の模様です。数年前のレッドブックで時価額は45万円だそうですから、これから相手方保険屋との熾烈な交渉劇が始まる訳であります。

 この事故から自分は何を学ぶのか。
 結果には必ずその原因がある、そう言いますけれども。
 正直、何を学べというのだろう・・・そうも思います。
 怒りすらなく、ただ途方に暮れてしまいます。実際。

 とはいえこれでバイクを降りる気は毛頭ありません。身体含めてご心配なく。
 不思議なもので、事故の情報が何故か信州でお世話になっていたバイク屋さんにも回っており、本日メカニック・チーフよりお見舞いのお電話を頂きました。その際、巷で噂のWの後継のハナシを入手。こうなりゃ手放したW6を引き取ってくる(某所で中古販売されているのです)かとも考えていました矢先でしたので、む・・・そっちに行くも善しかなと。でもね~、このリジッドのスポ、最強/最高だったのですよね~。
 ま、そんなこんなで、我が醜態を露呈してしまった今回の記事ですが、皆様におかれましても楽しいバイクライフ、くれぐれもお気をつけ下さい。

 最後になかむらさん、風來坊主さん、そして参謀さん、色々ご迷惑ご心配お掛け致しました。そして有難う御座いました。これに懲りずに、今後もどうぞ生暖かく見守って下さいませ。ツーレポ正規版は本亭にてそのうちUP致します。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

芋煮会2

2010092100_2

 なかむらさん、有難う。

 風來坊主さん、有難う。

 参謀さんも、有難う御座いました。

 1泊2日、御岳でのキャンプツーリング。

 先ほど全員、無事帰着。

 

 さて。

 気持ちの整理が付きましたら、ボチボチ報告をして参ろうかと思います。

 今夜はとにかく、眠ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

芋煮会

芋煮会
働かざる者、バイク乗るべからず

by 風徠語録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前夜祭

2010092001_2

 キャンプツーリングの愉しさは、既に前夜の荷造りから始まっているのです。

 明日は今年最後の夏日となるそうな。

 嬉しいような、ちと困ったような。

 そんな明日未明からのキャンプツーリングは、

 山陰、北陸、関東の3方から、

 日本の臍に向けて一気に集まる、

 考えてみれば、えらい難儀な呑み会、のような気がしないでも・・・なく。

 とはいえそんな一夜限りの夜宴にも嬉々として集散してしまう、

 我ら難儀なおっさん達は、

 明晩の「乾杯♪」を夢見て、

 今はただ、一時の微睡みに向かう・・・

 そんな今宵なのでありましたとさ

 

 とにかく、道中気をつけましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

秋に。

2010091701

 とうとう秋になりました。
 秋の夜長。
 呑み過ぎに注意しましょう(笑)。

 気付くとこんな都会(と言うほど都会でもないのですが)でも、虫の音がかまびすしい。こういうモノの感じ方は、なんでも日本人独特のものだとか。大切にしたいですね。

 大切にといえば、このナンバープレート・ステー。W6の形見として、唯一手元に残したものです。新型出たら、車検時辺りにイッちゃいそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

W90

2010091601

 北は北海道から南は九州まで、あのW6と伴に10万キロを旅した相棒です。5年間も使いましたし、そろそろ買い換えようかと思います。まだ撮れることには撮れるのですが、ボディは半口開いたまま閉じませんし、ズーム(機能も半分壊れている)にすると混入しているゴミが映り込んでしまう、そんな状況です。
 現在、色々物色中なのですが、今秋発売予定のキャノンG12とか、同メーカーのS95が、今のところ候補かな、と。
 ところが・・・

2010091602

 こいついいな~。名前もイイ。やっぱり道具はタフでなくちゃ。
 嗚呼、物欲の秋。

 

 P.S. 約20年前の縄文杉です。>カズさん

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Coleman LED PACKAWAY LANTERN

2010091401

 愛用していたZIPPOのガス・ランタンが、今夏の平湯キャンプ時にとうとう逝ってしまいました・・・・・さようなら。そして入れ替わりにこんにちは♪なのがこいつ、コールマンのLEDランタンです。煙草2箱分の大きさ、単3電池4本使用で約12時間点灯だそうな。DIY店で¥2,980だったので衝動買いしてみました。
 本当は火の灯りの方が雰囲気ありますし、あの「シャ~ッ・・・」というガスの音さえも、それはそれでキャンプの夜を彩る素敵な小道具であったりしたのですが。
 まあ兎に角、次回のキャンプからはちょっとだけシャープな夜になりそうです。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

オイル交換

2010091301

 納車からまだ3,000kmちょっとなのですが、今夏の酷暑での酷使を労う意味も込めて交換することにしました。用品店に赴き、純正のマルチグレードオイル3本と廃油ポイを購入。さてでは始めましょう。

2010091302

 こいつのドレンホースはこれ。車体下の何かのステー側板に突っ込んであるだけという。クランプをマイナスドライバーで緩めてホースを引っこ抜きますれば・・・

2010091303

 ドロドロ~っと草臥れたオイルが流れ出ます。にしても、少し汚れ過ぎのような気もしますが。納車整備時、ホントに交換してくれたのか、ちょい疑問。

2010091304

 で、新しいオイルを約2.6本分入れました。
 このバイクはドライサンプという潤滑方式で、つまりはオイルラインが長く、オイルが抜け切らなかったりエアを噛み易かったりするらしい。よってオイル交換時は注意が必要~とのことらしいのですが、何をどう注意するのかと。ひとまず再度ドレンを引っこ抜き、オイルが回っていることだけは確認しておきました。

2010091305

 あまり匂わない。巨峰みたいな色のオイルです。
 エンジンを始動してみますと・・・・・ほほう、滑らかに回っている・・・・・気がする(笑)。
 ということで、ひとっ走り行ってきました。

2010091307

 天気予報では、この酷暑も本日までのようです。明日からは30度を越えない日々に移るらしい。いよいよ本当に、あばよ夏、なのであります。

2010091306

 秋近し。

2010091308

 こうして、少しずつ、自分のバイクになっていく。
 お次はプライマリー・オイルの交換でしょうか。今度こそジャッキを手に入れなきゃ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

おもいでぽろぽろ

 なんの因果か。
 もう2度と会うこともなかろうと思っていた人と、遇ってしまった本日。

 一瞬時間が止まり、その後一気に20年分巻き戻る。
 まさに、おもいでぽろぽろ。

 それにしても。
 もし、神様というものが居るとするならば、
 きっと彼(彼女)は、えらい悪戯好きなのだと思った。

 元唄はこちら。
 ジャニスもカレンも凄いですけど、このオバハン(失礼)も素晴らしいシンガーだと思います。

 ところでここはオートバイ日記のblogでした。
 ひとまず気を落ち着けて、明日はオイル交換でもしてみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨川へ

2010091001

 なんとなく鴨川。本日は秋の到来を思わせるような涼しげな風でしたが、明日からまた厳しい残暑だとか。ま、自分、暑いの好きだから良いですけど♪

2010091002

 新しいおもちゃ“油温計”。何故だか計器類ってワクワクするのです。ちなみにこれは華氏なので、約90℃というトコロでしょうか。だいたいこの周辺を上下していたようです。

2010091003

 最近は疲れであまり遠出が出来ません。伊豆やら箱根やらガンガン行けるかなと、転居当初は考えていたのですが。

2010091004

 夕陽の寂しさはどこも一緒か。

 ところでエンジンからのオイル滲み、来ました。後ろのシリンダー付け根からは真っ黒いエンジンオイルがコッテリ、ギヤケース上にプールも出来ています。またクランクケース前部からはミッションオイルが噴出しており、一部ブラックパウダーコーティングされているかのように。ひとまず垂れるまで放って置きます。

2010091005

 そんなこんなでラーメン屋さんにも陽が落ちた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

The Isle of Man Tourist Trophy Race

2010090802

 収録時間4時間程の、タフなDVD。

 行ってみたいな他所の国。

 もちろん、バイクで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供

2010090701

 結局、純正の黒いミラーを手に入れてしまう。ついでに、油温計も。
 欲しいと思ったらどうにも止まらぬ、我が幼き購買行動の残暑厳しき初秋でありましたとさ。

 ところで。今夏は車通勤をしていました。で、その時間帯、NHK第一では「子供電話相談室」が。これがまたとても面白いのですね。
 これに関し、深夜氏がこのような日記を。↓ 〆にグッときた。
 http://www5a.biglobe.ne.jp/~shinyago/
 すぐ日付が変わりますからお早めにどうぞ。
 

 子供繋がりでこんなホンワカした唄も発見。

 

 このギタリストもある意味やんちゃな子供そのまんま。
 若かりし頃のハイラム・ブロック、自分のフェイバリット・ギタリストの1人です。この人のギターとの接し方が大好きで、自分もこのようにバイクを楽しみたいなと、常々思っています。5:30過ぎ辺りからが見所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Double W '10 (仮)

 初回は’07年の能登にて。

Dw1

 2回目は’09年、福井/岐阜県境のR157/温見峠界隈。

Coverimage2009091000

 途中、広島の岡の上やら、今夏の平湯温泉など、突発的集会も全然有りの、そんな定例 “Double W”。今期もやります。
 とはいえ既に“W”ではない自分。改名の必要に迫られ、何か気の効いたネーミングがないものかと現在思索中。
 日程は9月中旬/平日に決定。場所は未定。
 出席遅刻早退自由。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

Take it Slow

2010090102

 気温35度。みんな日陰に避難する。

 懸念のリアサスを用品店で物色していました。とはいえ今ひとつピンと来ない。考えればインチ工具とか、ジャッキ等も必要なのでした。ああ面倒臭い。

2010090203

 正規ディーラーさんへ。
 面倒な事とハナシのノリに弱い自分は、ここでオーリンズを注文してしまう。

 で、噂の48。ちいこいな~コレ。でも質感はなかなかでした。

2010090104

 広域農道をすっ飛ばしていると、前方をゆっくり転げる黒いゴミ袋・・・・?、手足があるな?・・・・と擦れ違いざま確認すればなんと草亀。危ね~じゃね~かとUターンして拾い上げ、近場の溜池へ。
 達者で。

2010090205

 そんな本日は9月。
 日の傾きも随分早くなっています。

2010090106

 さらば夏、なのです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »