« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

48

20101029a

 あっちじゃなくて、こちらの方。本日、実走車を初めて見掛けました。

 自分も早くバイクに復帰したいな・・・・・と。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

○こいち

2010102601_2

 今度の車両はメーター交換が成されているため、正確な走行距離が不明です。試乗と、ポイントとなる箇所の状況から程度を確かめ、あとはバイク屋さんを信じました。また、傷や前オーナーが施したカスタム箇所もあるため、そのままの納車ではなく可能なパーツは旧車両より移植することにしています。これが結構な部品点数に。
 気付けばなにかエライ事になってしまった感一入なのですが、それでも自分で決めた事、これでイイのです。

2010102602

 さて。本日はデジカメを、キャノンのS95を買いに出掛けたのですが、途中で散財してしまい本懐を遂げれず。つまりは久々のグローブ購入です。このハロルドの道具、長い丈を斜めにカットしてあるところがミソですね。革質も良いし、ファッション性と実用性を兼ね備えたモデルという印象です。早く装着して実走してみたいものです。

2010102603

 今日はこれから、関東でも木枯らし1号が吹くそうな。
 素手じゃ寒かろうて、おぬしら。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

あれから

2010102501

 2010102502

 昨日は昨日、今日は今日、明日は明日。

 元気に復活しようと思うのであります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

XL1200S、再び

2010102201

 もったいぶる気は無かったのですが、少々思わせぶりな記事でしたと昨夜のUPを反省。よって本日ここにお知らせ致します。次のバイクは、再びのXL1200Sです。

2010102202

 自分への覚書の意も含めて、その顛末をば、ご説明を。

2010102203

 まず。足りない頭で足りないなりの考えを重ねた結果、3車種に絞りました。そして最終的に行き着いたのは883。リジッドの883です。1990年代後半の、XLH883。

2010102204

 濃い乗り味と、乗り手の介在度/操作感。そして合法的に去勢前のバイクらしさを堪能できて、かつド素人の自分でも可能な整備性。そのように考えますと、このリジッド883が目指すところかな、と。1200ではデカ過ぎたのです。自分には。

2010102206

 ちなみに3択として残った、あとふたつの内ひとつはW6。
 W6はね、良いバイクでしたよ。生涯忘れないでしょう。
 ・・・・・それで良いのではないかと。

2010102207

 残るひとつはW8です。これは非常に興味がありますが、発売は明けて今冬か、もしくは来春でしょう。待てません。ちなみにタカミーさんは『待て』と仰いましたが。

2010102208

 他にはR100GS、SR500、V7なども候補として真面目に考えましたが、予想通りに第2~第3コーナー手前で脱落していきました。

2010102208b

 で、883なのですが、これがどうも中古の玉数が滅法少ない。いわゆる上玉を見付ける事が出来ないでおりました。

2010102208_2

 そんな矢先、'07のXL883Rの出物が。少ない走行距離、ワンオーナーの超美品。そしてフルノーマル。ラバマンでインジェクションですが、1度経験するのもアリだろう。そしてなによりも・・・・・と、ここで邪な考えが脳裏を過ぎり、そして少しずつ少しずつカタチを成して行く。

2010102209

 「・・・・・次の乗り換え時、高く売れる ♪」

2010102210

 ひとまずこの883Rを手に入れて、飽きたら売って、W8に乗ろうか。。。
 姑息な手段に打って出そうになった時、志半ばで急逝したあいつの亡霊が突然・・・・・現れた。

2010102211

 '98 XL1200S/black 走行距離/やや不明(笑) 

2010102212

 結果、土壇場でまさかの1200Sへと転進。
 今回はバイクを選んだというよりも、バイク屋さん、担当者さん、工場長さんを“かった”とも言える。

2010102213

 幾つかのパーツは、あえて旧車両より移植します。ついでに、ハンドルを1200R用に、Fフェンダーをディープ・フェンダーに換装予定。

 やはり、他人に無理やり断絶されたまま、ああそうですかとすごすごと他車種に乗り換えるのにはどこか違和感を感じていましたし、そして何より、自分の為だけに探し出してくれた車両を「いらないや」とも言えません。嗚呼、昭和ど真ん中人間。

 とまあ、そういうことでありましたとさ。
 めでたしめでたし。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

締結

2010102103

 ぶらりと1泊2日で海沿いの温泉宿に泊まって来ました。今年初め、法師温泉へ連れて行く約束をしたものの天候不順により叶わなかった、お袋への代償プレゼントでした。まあ喜んでくれていたようなので何よりかなと。

 そして。
 遂に次のバイクが決まりました。先ほどバイク屋さんで無事締結。人によってはあまり好ましくないやり方だと思われるかも知れませんが、今回はいわゆる“流れ”に沿ったカタチになった、とも言えるかと思います。最終選考の2車種間でかなり悩みましたが、参謀さんの『何事も迷いがあるときは欲を捨てろ』を遵守・・・・・したつもり。この後順調に事が進めば、11月中旬頃には乗り出せる予定です。

 考えて見ますと、あの事故からちょうどひと月後の本日でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ビグスク

 『ビグスクではどうか?』

 乗り換えに際し、知人に薦められること2回。

 で、一応考えてみる。

20101019

 ビッグじゃないけどこれなら良いよ、とやや迷走の様相を呈してきた、我が次車種選び。

 そんな本日の遅い午後、物損の示談が、ほぼ成立。

 さて如何に。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

車窓から

2010101401

 '03までのXLH883/日本仕様はスポークホイール。してその乗り味は、1200sの韋駄天ぶりと比較して非常にマイルドだとか。同様比較して、もう少し回して乗らねばならぬゆえに、かえって溌剌として走れるのではないかなと。このせせこましい街中でも。ということで、現在探している最中であります。

2010101402

 Versisも考えたのですが、シート高にいまいち不安が残り・・・バレリーナじゃちょっとな。

2010101411

 「せいぜい悩みな♪」 ビバンダムは言う。
 おぅよ!

2010101403

 出来ればW800に決めたいところですが、未だkawasaki本国サイトからは何のアナウンスも無く。おあずけ喰らったわんこ状態の自分は最早限界。食えるものから食っちゃうぜ、と。

2010101404

 一方、バイク屋さんの方では、そこはそれ商売との絡みもありの、再びの1200sを力強く推奨。現在、'99式/ブラック/走行距離30,000km強を業オクで釣り上げ中だとか。
 ちなみに元の1200sは廃車に決定。予想より重症だったことが後から判明したことと、何がどうあれヤツと過ごしたあの数ヶ月間は、人知を超えた何かが介在していたとしか思えぬ出来事の連続・・・・・悪いけど付き合うのはもう無理です。

 と、ヤツの方こそ声を大にして言っているのかも知れませんが。

2010101405

 さて、そうして元の鞘的なW6に関しても、何気にチェック中。近所には新車無し。中古はパラパラと。ただし、むぎさんのあの一言が結構効いた。
 
 『いいバイクだってことは分かってるんだけど、あれだけ乗ったらもういいかなぁー、別のに乗ってもいいかなぁー。』

2010101406

 お前さんはどう思う?わんこよ。

2010101407

 カーラジオからは、不毛な国会中継が延々と響く。
 それでも人は、大地に種を蒔く。

2010101409

 そうして今日も、日が暮れた。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

期待

 

 

 

20101013_3

| | コメント (5) | トラックバック (0)

賛辞

20101011

 可夢偉やったな~おめでとう。

 仕事ゆえ、その決勝の走りを見れなかったことが残念です。

 上の画像は全然関係ない、DVD“マン島TTレース1907-2006”より。

 バイクのレースはトンと興味がなかった自分ですが、

 このDVDを観てから少しだけ興味が出てきました。

 気付けば先日の深夜、モトGPが放映されていたのですね。

 来期は観てみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決意

2010100801

 街に日が昇る。

 今日も元気に、1日が始まる。

2010100802

 絶好のツーリング日和。

 バイクは、居ない。

2010100803

 街中へ。

 ついつい、バイクを目で追ってしまう。

2010100807

 ひとまず、今後の方向性は、本日決めた。

 あとはもう、人事を尽くして天命を待つ、のみ。

2010100808

 「まあ、そうキバりなや~♪」

 ミスター・カリフォルニア・ジョンはそう言った・・・とか、

20101008010

 いつも無言の撃墜王も、今日だけは笑っているように見えた・・・とか。

2010100805

 とにかくそうして、

 秋がゆっくりと深まっていく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三択

2010100601

 修理と時価額。双方の査定額が出揃いました。

 技術及び金額的な面においての修理は可能。ただし、あの衝撃を受け止めた車両です。その後遺症は窺い知れないであろうことを、今後覚悟して乗らねばなりません。

 廃車にした場合の補償金額は、詰まるところここらが落とし処だろうか・・・という額。

 バイク屋さん曰く、『ホント正直に言います。乗り換えた方がイイです』。

 ある意味狐につままれたような、ここ数ヶ月のHDライフ。さて、今後如何に。

2010100602

 1、毒を喰らわば皿まで:治す

 2、取らぬ狸の皮算用:W8を待つ

 3、元の鞘へ収まる:W6へ

 皆様のご意見・ご感想・ご要望をお待ち致しております。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

kawasaki W800

 約20kg増の車体と、さらに静寂さを増したようなその走行音。

 現代を生きるバイク乗りならば、その価値観の変革期に立ち会えた事を嬉しく思うべきか。

 とはいえやはりこのエンブレムだけは、

 どうにも恥ずかしい。

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

two inn diaries

 もはや通院日記と化しつつある当blog。せめて痛飲~にはならないように留意。

 さて。

 煙草が¥410に騰がれば、W6だって800に上る今日この頃、人間蒲鉾を初体験。

2010100401

 今回の件が無かったら、こんな経験もなかろうて・・・

 何気に可愛い看護婦さんが多いので、痛みも和らぐってモンです。

 

 で、バイク。

 ひとつ分かったことは、自分、何でも良いのでバイクに乗りたい、訳ではないようです。

 気に入った“自分の”バイクに乗りたい、のだなと。

 厄介といえば厄介な。

 

 こうなりゃW3でもヒ~ヒ~言いながら乗ろうかな。

 後期型/青がいい。

2010100402

| | コメント (5) | トラックバック (0)

舌の根も乾かぬうちに

2010100108

 なるほど。こうなったのか・・・という、噂の後継。

 それにしても、またこんなエンブレム付けて。

 そのポップなメーターパネル含め、突っ込みどころ満載ではありますが、

 スポが直らないのであれば、これに乗りましょう。

 とにかく今は正式発表を待って、ですね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

神無月

2010100101

 10月に入りました。いわゆる神無月。この月は、全国津々浦々の神様という神様が一同に出雲の国に集結する月なのだそうで、それで神様がお留守の月=神無月、となったそうです。ちなみに当の出雲の国に於いてだけは、神在月と呼んでいるそうな。めでたしめでたし・・・・・などと言うハナシを、診察待ちに隣のオババから教わりました。オババよ、また会おう。

2010100102

 とにかくまあでかい病院だもので、その待ち時間の長いこと長いこと。都合20~30人ものウォーリーを見付けてしまいました。

2010100103

 その後、あいつのお見舞いにディーラーさんへ。

2010100105

 ああ、直さなきゃ。直してもう一度・・・

2010100107

 それにしても・・・・・ああバイク乗りたい(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »