« 昨日の行方 | トップページ | DIAVEL »

この国の行方

2011060201_2

 大海原を一隻の客船が進んでいたとする。
 あるとき、その機関室でトラブルが発生し、その推進装置と伴に操舵も不能になった。
 またあろうことか、船底からの浸水も見付かる。
 このままでは、まずい。

 ある者は機関復旧ため、黙って危険な現場作業にあたった。
 またある者は、徐々に浸水してくる船底の海水を、昼夜を問わず必死に掬い出す。
 乗客も協力している。少しでも船の負担を軽減しようと、大切な荷物を船外に投げ出す。さらに、少しでも早く陸地に着かねばと、甲板の左右では有志が櫂を漕ぎ出した。

 にもかかわらず。
 艦橋の上のぬくぬくとした操舵室では、
 艦長以下の主だった乗務員が雁首揃え、
 コーヒーや煙草を片手に、
 お前が悪いあんたが無能だ俺が艦長あんたじゃ駄目だと、
 不毛な会議を始めている。

 現艦長が無能かどうかは良く分からない。
 かといってそこに噛み付くあなた方に、果たして今より聡明な判断力があるとも思えない。
 危機管理能力がどうだとか、初動対応がどうのこうのと唾を飛ばしている場合だろうか。あなた方は何の為に存在しているのか。
 この今も、こうして沈み行くこの船の上において。

 甲板の上で、寒さに震えながら母親の膝にしがみ付き、浸水の恐怖に怯えながらも、エライ人が頑張ってくれていると信じて、泣きもせず歯を食いしばって艦橋に熱い視線を送っているあの子供達の目に、
 あなた方は何と応えられるのだろう。

|

« 昨日の行方 | トップページ | DIAVEL »

コメント

現状は正しくそんな感じですね!
なんと言えば良いのか・・・
選挙の投票に行く気さえ失せます・・・。


投稿: 風來坊主 | 2011年6月 3日 (金) 00時12分

悔しいなぁ~。ホント悔しい。
国民が招いた結果という意見もあるようですが、それだけでは無いような気がします。
放射線量が気になります、小さな子供を見ると胸が痛いです。ヤツらは何もしません!
自己判断で自分の身は自分で守る危機管理能力が問われる時代になったということでしょうか?

投稿: 梟 | 2011年6月 3日 (金) 23時31分

他人様のサイトで政治的な話をするのは控えようと思ってきたのですが…、いくら何でもこの状況はあんまりですね…。
とてもマトモな大人のやっていることとは思えない。一種のトランス状態でしょうか?

などと書いていたところ、地震がありました。震度4だそうです。
さらにブルーです…。

投稿: なかむら | 2011年6月 4日 (土) 02時05分

>風來坊主さん
一国民としては、一燈照隅 万燈照国 の気概で望むしかないかと存じます。
諦めないで。

>梟さん
放射線量、心配です。
縁遠くなりましたが、我が親類も仙台と福島に居住しておりますゆえ。
梟さんのところは大丈夫でしょうか。

投稿: tetsu | 2011年6月 4日 (土) 02時06分

>なかむらさん
自分もこのblogはバイクにまつわることしか書かないルールを定めていましたが、この度の震災と、今回のこの件に関してはどうにも抑えが効かず・・・・・。

投稿: tetsu | 2011年6月 4日 (土) 02時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160265/51834586

この記事へのトラックバック一覧です: この国の行方:

« 昨日の行方 | トップページ | DIAVEL »