« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

Single Roadsports

2012013001

 久し振りの始動。セルを押すと、ヒュイッ、ヒュイッ・・・と回り掛けて一瞬の沈黙(!)・・・の後、・・・ンボボボボ~ッ ♪と陽気に回り出すエンジン。乗れる嬉しさがこみ上がる瞬間。

2012013002

 過日の積雪が未だ随所に残る日陰。気温も6℃と低めなので、適当に街と街を繋ぎ走る。コンビニで一服し、親父の墓参りをし、バイク用品店で意味なくウェア等を物色し、川原の土手っぷちで再び一服し、最後に入ってみたかったラーメン屋で〆る。

2012013003

 〆たつもりが温まった身体に気を良くして、えらく遠回りの帰路に。
 スピードの乗る国道に出ると、切れるような寒さに革のグラブ1枚の拳が悲鳴を上げる。こういう日だけは赤信号が嬉しい。暫しの間、凍えた掌をリアシリンダーで蘇生させる。
 そして青になればまた走り出す。

2012013004

 猫は気分が良いときに喉をゴロゴロ鳴らしますが、あのパルス感(?)にも似たこのエンジンは、こんなチョイ乗り程度でもある一定の満足感を自分に与えてくれる。そういえば自分にとっての初バイクであった、ヤマハSRにも似たような感覚があったと、最近良く御見掛けする年配のSR乗りさんとすれ違いざま、そんなとを考えていたり。

 とあるblog友達のサイトで見掛けたイカしたSR関連動画。ちなみにこの動画に関して、偶然2人のblog友達が同時期に記事をUPしている。その視点の違いが面白い。
 ・・・などと偉そうに 申し訳ありません。 m(_ _)m

http://bmwna.exblog.jp/17084802/

http://roadsign.exblog.jp/17622739/

 ちなみに自分がお薦めのSR動画はこちら ↓

 

 疾走感が堪らない。
 刹那的な唄も、イイ。
 どこか若さへの嫉妬も、あるのかな。

 SR。また乗ってみたいバイクです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

馬旅

20120127

 「TRUE GRIT」という映画を観ました。コーエン兄弟監督にスピルバーグ製作総指揮の、元々は60年代西部劇映画のリメイク版だそうです。

 荷を括り付けた愛馬に跨り当ても無く荒野を流離う。
 気に入った場所で焚き火を起こし、蛇避けのロープの輪の中、毛布に包まり朝を待つ。
 ある意味、キャンプツーリングの原点なのかなぁと思いました。

 今年の夏は銀マットでも買って、このような感じで鉄馬の後ろにでも括り付けて走ろうかと、早速感化されている自分です。さらばエアマット。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

大雪

2012012301

 関東にしては久々の大雪で、

 どんなもんかと先ほど近所をちょいと散策。

 それにしても、今宵の街のこの静けさよ。

 雪深い信州に居た頃を懐かしく思い出しました。

 2011111601

 こんな道を走ったり(走るつもりは無かった)、

2011111602

 この嶺方峠からの景観には、毎春魅了されましたっけ。

 春になったら走りに行こう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

寒中お見舞申し上げます

2012011901_2

 当地でも今夜半から雪、だとか。
 それでも日中は、なんとかお天道様を拝める天気。
 久しぶりに高速へ。

2012011902
 今は冬のど真ん中。
 どんな防寒装備をしようとも、寒くない訳が無い。

2012011903

 それでも走りたい欲求の方が寒さに打ち勝つ。
 少数派でしょうが、似た人は居るもので。
 

2012011905

 ひと走りごとにその滲みを増すオイル。
 もう慣れた。
 放置。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

祝!復帰

2012011401_2

 ・・・だな。

 復帰、おめでとさんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初詣

2012011101_2

 今年は遅い詣に。

2012011102

 故にか結果は・・・。
 今年1年、しっかり足を踏み締めて往こう。

2012011103

 柴又は昔ながらの町並み。こういうところはバイクが便利。
 駐車場代は100円でした。

2012011104

 この後、雨に。
 雨降って地固まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦半島へ

2012011001

 それは本日11時8分の出来事でした。

 

 「何時(発)ですか?」

 『20分・・・11時20分。次は12時20分。』

 「・・・間に合いますか?」

 『バイク降りてあそこですぐチケット買ってきて。』

 「合点~♪」

 

 こうして発作的にフェリーの上のヒトとなった自分は、

 一路三浦半島は久里浜港へと、

 冷たい冬の海原を渡っていきましたとさ。

 めでたしめでたし。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

走り初め

2012010501

 今年はなかなかに手強い年になりそうです。
 年末年始の激務を終え、ようやく休みが取れた本日、初走りに。

2012010502

 人はそれぞれ、善しにつけ悪しきにつけ様々なパーソナリティを持っており、社会や就業上の組織のなかにおいては、それら所属する組織体の理念や基準に基づきつつも、可能な限り、その本来の持ち味をスポイルすることなく、各々の独自性を遺憾なく発揮させることが望ましい。

 何を言っているのでしょうか。
 つまりはシートを元に戻しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

P9182835

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »