« Royal Enfield | トップページ | 立夏 »

渋峠の雪回廊

2012050102

 出掛けから雨に降られまして、関越道で本降りに。それでも信州に入ってからは晴れてくれていたのですが、結局のところお山の上は荒れ模様。雨、霧、強風の渋峠でした。
 この写真の少し先に目指す雪回廊があるのですが、日本国道最高地点辺りからは視界5m。何がどうなっているのかほとんど分かりませんでした。山田峠に至っては切り立った稜線道なので、ややもすると強風に足元を掬われる恐怖が・・・自分は一体、何をしに来たのでしょうか...
 我ながら遠路遥々ご苦労なこった、と思わなくも無いのですが、しかしこれだけ酷い気象条件のここを走ることも、逆に言えば非常に希少。ま、そう思うようにしました。

 帰路も雨。最後は合羽も脱ぎ捨てずぶ濡れですっ飛ばして帰ってきましたけれど、これはこれで有りなツーリングではなかっただろうかと、妙なトコロに充実した気分が残っているのは何故なのか。

2012050101
  そうそう。インディは元気でした。

|

« Royal Enfield | トップページ | 立夏 »

コメント

何だか久々にtetsuさんらしい(笑)ツーを見たような…。
それにしても、強風(特に突風)は本当に恐怖ですよね。自分だったら、早々に引き返すところですが、流石というか何というか(笑)。

投稿: なかむら | 2012年5月 2日 (水) 00時15分

不味い食堂、横柄な宿、行帰り合羽...辛い旅ほどいつまでも残ります。

投稿:  参 謀  | 2012年5月 2日 (水) 10時41分

お疲れ様でした。
北陸は反対に好天でやや暑いほどでした。
山の桜に逢いに行くツーは長閑に楽しめました。

投稿: 風來坊主 | 2012年5月 2日 (水) 11時17分

過酷なツーリングほど記憶に残りますね。

投稿: keiichi_w | 2012年5月 2日 (水) 20時39分

>なかむらさん
自分はそんなに無茶な男に見えるのでしょうか(笑)。
ありがとうございます。
でも何気に結構な数のバイクを見掛けましたよ。合羽を着てないバカは自分だけでしたけど。

>参謀さん
この後、R406を白馬に抜けて、参謀さん宅/中央道:松本ICで帰路、を考えていました。ひとまず戸隠を登り、大望峠経由でR406:鬼無里に向かおうとしたのですが・・・
気付くと戸隠~信濃町~飯縄高原を2周。久々のかつての庭は、嫁に行った娘と話しているかのような感じでした(娘居ないけど)。

>風來坊主さん
こちらも下界は晴れていました。それにしても雪国の春、綺麗でしたね。
ここぞとガンガン走りましょう。

>keiichi_wさん
言うほど酷ではなかったのですよ。メインと行き帰りの道中は降られましたが、信州の下界は好天でしたから。
ちょいメリハリが効き過ぎたのが難点でしたか。

投稿: tetsu | 2012年5月 3日 (木) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160265/54607905

この記事へのトラックバック一覧です: 渋峠の雪回廊:

« Royal Enfield | トップページ | 立夏 »