« さがそう | トップページ | 大寒を過ぎて »

鳥居さん 夜が来る

2013011601_2

 こちらにしては結構降りました。雪。
 結果、根雪とまではいかないにしても、数日はバイクに乗れそうもない路面状況です。
 ということで、こんな時はスッパリ諦めて、温かい部屋でクイっと一杯だなと...

2013011502_2

 なんとなくサントリー・オールド。親父が良く呑んでいましたなぁ。
 こうしていまあらためて自分が呑んでみると・・・
 ああ不思議だあの昭和の味がする・・・気がする。

 結局親父とは、ひとりの男と男、として飲み交わすことなく今生の別れを迎えたわけですが、まあなんと言うか俗に言う「親孝行したいときには親はなし」とは良く言ったものだとつくづく思います。

 少々酔いました今夜です。

 

 ああバイク乗りたい。

 

|

« さがそう | トップページ | 大寒を過ぎて »

コメント

(笑)ウチの親父もサントリー・オールドでした。
何故か、「タヌキ」と呼んでましたよ。そんな親父の三回忌を
昨年末済ませました。「タヌキ」のお湯割りを供えてアタシも一杯、付き合いました。昭和の味がした。気がしました(泣)

革ジャンの襟を立てて、メグロに跨るDNAをアタシが引き継いだんですかね(u_u。)

投稿: おっとろっしゃ | 2013年1月17日 (木) 11時15分

リー・ヴァン・クリーフか〜 懐かしい!
マカロニウエスタンの悪者...よく観に行きました。

投稿:  参 謀  | 2013年1月17日 (木) 21時50分

「だるま」
懐かしいですね。
若かりし頃はスナックのキープは何処も「だるま」でしたね。
最近呑んでいませんなぁ・・・。
えっと、ボクは「角」派だったもので・・・。

投稿: 風來坊主 | 2013年1月18日 (金) 21時30分

>おっとろっしゃさん
自分も親父のクルマ好きの血を引いているのだと思っています。
1度くらい、そんなハナシでもしてみたかったものです。

>参謀さん
ユル・ブリンナーの印象が子供心にも強烈でした。
スキンヘッドにあの目。あの眼力。
この頃の映画って、汗臭くて、埃臭くて、でも、熱かったよなぁ。

>風來坊主さん
いやあ呑み過ぎました。
で、判ったのですが、
この歳になるともう2日酔いにはならずに、というよりも限界がわかり易い身体になったということと、
あれですな、次の日、胃が異様にもたれますな(笑)。

投稿: tetsu | 2013年1月19日 (土) 00時30分

僕は父親の飽きっぽい血を間違いなく引いているのですが、
それについて語り合いたいとは一度も思ったことがありません。

ちなみにウチにもこのウイスキーの瓶がありました。
背面に穴が開けられて「貯金瓶」になっていました。

投稿: むぎ | 2013年1月19日 (土) 01時14分

>むぎさん
じゃあアレですね。
来るキャンプの際は、こいつでいきましょう。

ハンターカブ、楽しみですね♪(あ、バラしちゃった)

投稿: tetsu | 2013年1月19日 (土) 22時32分

あー、いいですねー、「来るキャンプの際」が本当にやって来ればの話ですけどねー・・・。

69、ヤバイです。思った以上に重症です。
しかも、予定ではシリンダーをボーリングしてオーバーサイズのピストンを入れるつもりだったんですが、サイズ測定したところ既にMAXサイズのものになっていたらしく、シリンダー削っても合うサイズのピストンが無いことが本日判明しました。つまり、残された道は「両シリンダー交換」という、最高にお金が掛かる方法しかないのです。ちなみにシリンダー片方で約10万円、ピストン交換しなきゃなんないんで、部品代だけで25万くらいかかっちゃいます。これに工賃入れると・・・。ゲボォーーー!!ブピブピーーー!!(精神的ダメージにより嘔吐下痢)

別の意味でハンターカブにしか乗らなくなるかもしれません(笑)

投稿: むぎ | 2013年1月21日 (月) 22時09分

あ、ハンターカブのことバラシヤガッタナー
(それどころじゃない)

投稿: むぎ | 2013年1月21日 (月) 22時11分

>むぎさん
ううむこれはまた・・・一筋縄ではいかない旧車、なのですねぇ。
ならば暫くは、赤いアイツで楽しんでおきましょう。

完調で退院するその日を待ちましょう!

投稿: tetsu | 2013年1月22日 (火) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160265/56557521

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥居さん 夜が来る:

« さがそう | トップページ | 大寒を過ぎて »