« ミヤシタヒルズで2 | トップページ | 好奇心 »

ミヤシタヒルズで ダイジェスト

 基本、ソロを謳歌しているつもりの我々でも、時としてツルみたくなる時がある。
 そしてそれはいつも唐突に。
 ということで一路、信濃の国へ。

2013052201

 まずは高ボッチ高原。
 こんなところが在ったとは。
 暫く信州に住んでいましたが、とんと気付かなかったな。

2013052202

 その後の霧ヶ峰では、信州時代の知人と偶然に出逢う。
 いやいや必然・・・なのかも知れませんなぁ。

2013052203

 で、無事合流。

2013052204

 うい~~ッス!

2013052205

 月明かりが綺麗でした。

2013052206

 標高は800~900mくらいでしょうか。ここは。
 焚き火に丁度良い気温の夜でした。
 

2013052301

 翌朝も快晴。
 

2013052302

 扉峠経由で松本に。
 

2013052303

 ポジション、点いてますやん?いいな。
 

2013052304

 参謀本部に作戦完遂の報告を。
 

2013052305

 『うむ。大儀であった。』
 熱いコーヒーで労をねぎらっていただき、
 その後それぞれの国、越中と総州へと散会。
 

2013052307

 集中工事中の中央道の渋滞を避けるべく、圏央道で関越へと迂回。
 早めの午後に、無事帰着。
 

2013052308

 以上、ミヤシタヒルズでキャンプ、でした。
 次回は卜伝の湯へ。
 
 風來坊主さん、参謀さん、有難う御座いました。

|

« ミヤシタヒルズで2 | トップページ | 好奇心 »

コメント

レポアップ。 早っ!!

投稿: 風來坊主 | 2013年5月23日 (木) 20時56分

>風來坊主さん
いや~お疲れ様でした。
帰着後、床屋行ってビール飲んでちょちょい♪とな、と。

また次回!
むぎさん呼んで、卜伝の湯に行きましょう。

投稿: tetsu | 2013年5月23日 (木) 21時30分

いい天気で良かったですね。

投稿: keiichi_w | 2013年5月24日 (金) 06時00分

「卜伝の湯」昨日は何やら工事しているようでした。 キレイになっちゃうと面白く無いような・・・。

投稿: 風來坊主 | 2013年5月24日 (金) 07時58分

>keiichi_wさん
keiichi_wさんのオハナシも出てきましたよ。夜宴で。
いつかお逢いしたく。

>風來坊主さん
帰ってすぐググッてみたら・・・なんとまあ無骨このうえないこの湯場。
近々単発でも勝負しに行きますわ。

投稿: tetsu | 2013年5月25日 (土) 00時12分

おおーー!風來さんとキャンプで、しかも参謀さん急襲ですか!?
ず、するい(笑)。
ここのところ、家族とのオートキャンプばかりなので、キャンプツー心がメラメラと…。

この夏は、是が非でもご一緒したいですな~。

投稿: なかむら | 2013年6月 3日 (月) 19時44分

>なかむらさん
自分も久しく沈静化していたキャンプ魂に火が点いたようです。今期は隙あらば!

で、夏。ドコゾで!?

投稿: tetsu | 2013年6月 5日 (水) 00時01分

夏ですが、やはり信州ですかね?!
ちと遠くなってしまいましたが、自走か、あるいは大阪までフェリー利用か…。

まあ、場所ではなく“人”です!

投稿: なかむら | 2013年6月 5日 (水) 21時30分

>なかむらさん
信州まで来なさるとですかっ!?
ううむ是非!

楽しみで今から寝れません!!(寝るけど)

投稿: tetsu | 2013年6月 5日 (水) 23時15分

這ってでも行きます!!(這わないけど)

投稿: なかむら | 2013年6月 6日 (木) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160265/57443922

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤシタヒルズで ダイジェスト:

» ハイランドクルーズ・1日目 [風旅ブログ]
[画像] ミヤシタヒルズキャンプ場はビーナスラインを駆る時には便利なお気に入りのキャンプ場。  一昨年の6月にソロツーで出掛けて以来、二年ぶりの利用になる。   そして今回はそこでこのブログにも時々コメントをいただく千葉のバイク仲間:tetsuさんと合流の予定なのだ。  安房トンネル、ETCで利用できるようになってた。 [画像] 松本は信号待ちが辛いほどの熱波。  一気に抜けてアザレアラインでビーナスライン扉峠へ。  一旦、霧ヶ峰・富士見台方面へ駆る。  生憎「富士山」はお留守のようだった。 ... [続きを読む]

受信: 2013年5月23日 (木) 22時22分

« ミヤシタヒルズで2 | トップページ | 好奇心 »