« 平湯キャンプ場 | トップページ | 油断 »

卜伝之湯~平湯キャンプ場 ハイライト

 仕事に忙殺されそうな今月。しかしこういう時だからこそ全てにおいて目一杯活動したい・・・ということで1泊キャンプへ。まずは今、仲間内で話題になっている卜伝之湯に。

01

 『・・・付いてきな』 とは川向の売店のおとっつぁん。
 鍵を開けて貰わねば入れない岩窟湯なのです。

02

 ま...まじっすか?

03

 こいつは凄い。
 単純に怖いし(笑)。

 それにしても凄い温泉があったものです。
 何気に優しい湯加減なのがこれまた意表をついています。

04

 R158:安房峠は11号カーブより上が雪崩れで通行止め。暫くは通れない模様。
 ということで“一旦停止ETC”のついた安房トンネルを経て平湯入り。

05

 キャンプ場管理事務所には以前のデータが残っていました。そんな時代か。
 近場で立ち寄り湯を頂き、諸々買出し後、改めてのキャンプ場で一服。

06

 案の定、着火にTMを少々。

07

 いざ。

08

 標高1,300mの夜半はそれなりに冷え込みました。

09

 明朝4時起床、5時半出立。降られる前にとっとと帰ります。

10

 R158。日本の屋根、アルプスを越えようという道なわけですから至るところ壮観な眺め。
 自分は好きです。

 ということで昼前には帰着。関東は天気が良かったので、樹脂で汚れたテントを丸洗しシュラフも天日干し。旅は帰ってからが1番忙しい。
 
 ポストを見ると、参謀さんから封書が届いていました。その宛名の厳格な筆跡に一瞬緊張が走ります。さらにはヤマト運輸からの不在配達表が。これは・・・なかむらさん?
 ...ゆ、油断していました。これより厳粛な開封作業に入らせていただきます。

|

« 平湯キャンプ場 | トップページ | 油断 »

コメント

平湯キャンプ場に誰も居ないってのはボクは未経験です。
雪が残ってる時でも誰かが居る野営地だと経験していました。
大雨には遭わなかったようで安心しました。
夏は信州でナカムラさんも呼んでミーティングしましょ!!

投稿: 風來坊主 | 2013年6月18日 (火) 23時13分

>風來坊主さん
サイトの奥に居たのですが、
そこで自分の見える範囲は0。
入り口付近に2~3の車組はいらっしゃいました。
あとハイシーズン時のバイクサイトにもバイク1台。

投稿: tetsu | 2013年6月19日 (水) 10時22分

秘湯といい、梅雨時期のキャンプといいワイルドですなぁ~。
思考も性格も軟弱なオレには、到底ムリっぽいっす(笑)

男前(いや、マジで)のtetsuさんを、羨ましく思います。

投稿: おっとろっしゃ | 2013年6月20日 (木) 10時30分

158号は、まだ通行止ですか…
卜伝之湯、知りませんでした。機会を作ってチャレンジしたいと思います。
キャンプ用品を3年ほど前に揃えてまだ未使用
「ひらゆの森」に行くたびに「平湯キャンプ場」の管理事務所に寄って、現地調達(ビール等)できる物を確認してます。
やはりシーズンオフの平日が狙い目ですかね。
キャンプデビューは「平湯キャンプ場」にしたいです♪
9月下旬の平日目指します。

投稿: こがお | 2013年6月20日 (木) 12時18分

>おっとろっしゃさん
ワイルドな漢ならば平然と雨中キャンプでしょう。
へたれな自分は雨を逃げ切りました。
姑息・・・です。

>こがおさん
ここ、ハイシーズンにはバイクサイトというヘンテコな場所に隔離されます。要注意。
また、9月も下旬となると既にそこそこ冷え込むと思います。夜具は慎重に。
キャンプ、楽しいですよ♪

投稿: tetsu | 2013年6月20日 (木) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160265/57617628

この記事へのトラックバック一覧です: 卜伝之湯~平湯キャンプ場 ハイライト:

« 平湯キャンプ場 | トップページ | 油断 »