« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

晩夏の候

2013082700_2

 陽射し未だ強けれど斬る風涼しく、Tシャツにメッシュジャケットだと山間部では少々腹が冷える位の過ごし易い本日でした。それでも気温は30度行ったのですね。しかし考えてみるとそもそも夏とはコレ位が普通の夏日だったように思います。自分が子供の頃は。日が翳れば涼も出てきて、そうでなければ玄関先に打ち水をして、縁側で夕涼み。団扇と扇風機があればそれで事足りていたように想い出します。
 ま、それはそれ。8月最後の休日の本日は、日帰り温泉へ。

2013082701

 未だ山では蝉の鳴声がかまびすしい。ウチの近所ではとんと鳴かなくなりましたが。今、PCを前にして聞こえるのは、入れ代わりに登場した秋の虫の声。

2013082702

 なかなか清潔な温泉でした。湯上り後、バイクに跨り斬る風のなんと清々しいことよ。温泉ツーにはこれくらいが丁度良い、というような気候に移りつつある当地です。

 
 ※ なんでも9月はまた暑さがぶり返すのだとか。

2013082703

 随分と日の翳りも早くなりました。本日は夕陽が2つもありました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

地元で。

2013082001

 8月最後の連休は戸隠か高ソメでキャンプをと思っていたのですが天気が斜めになってしまいました。今季はキャンプをしようとするとどうも天気が傾きます。ならば地元の夏を謳歌してみようかと。

2013082002

 ・・・やっぱ暑い(爆)。35度ですと! 標高500m以上の土地が無いここ房総。まるでアスファルトで煎られているかのよう。

 伽藍堂の小学校で暫しの涼み。

2013082003

 田圃にはたわわに実る稲穂。周囲には藁っぽい香ばしい匂いと伴に不思議な甘い香りが漂っていたのですが果たしてあれは何の匂いなのだろう。

2013082004

 

2013082005

 それでも扉の向こうには、はや秋か。

2013082006

 そうまで言うなら入ってみるかと。

2013082007

 へ~そうなんだ。

 ちなみにでかい看板の割には商売っ気のない佇まいとその接客対応(悪い訳ではありません)。とはいえ料金はがっつり取られます(立ち寄り湯¥1,000)。

2013082007b

 今はもう取り壊されて存在しませんが、鹿児島の婆ちゃん家の庭にこんな池があったな。鯉が泳いでいてさ・・・・・的な超狭っこい脱衣所一体型露天風呂。
 でもなんだろう...結構良かったですよここ。

2013082007c

 事前に注文しておいたむぎとろ定食¥1,200(!)を湯上り後に。結構美味かったのですよこれが。

 ここは少々不思議なトコロだ。また来よう。
 

2013082008_2

 その後は暫くメッシュジャケットを脱いで走りました(道は選びます)。かえって慎重な運転になりますし、暑さの点でも逆にこの方が安全なのかも知れません。
 

2013082009

 この季節、トンネルは天然のクーラー。
 

2013082010

 ここら辺をふら付いていました。実は歴史深い町。
 

2013082011

 帰りにアイスを食べました。井村屋のあずきバー、固過ぎ。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

暑さ対策

2013081501

 結構オイルを喰っているようです。交換後にもう一度精査してみますが。
 とにかく熱を持つW8のエンジン。今回は10W-50の冴強を選択してみました。

2013081502

 青汁か。

2013081503

 その後は親父の墓参り。
 お盆です。墓地も渋滞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北で。~まとめ~

20130810big_2

 6泊7日、総走行距離2,767kmの旅でした。

2013081001

 1番の目的は被災地の今を自分の目で見てくること。そして2番目はここ、八幡平を走ること。とにかく今は、こうして無事に帰還することが出来てなによりです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東北で。7

Image

最後もやっぱり霧雨のなかの吾妻磐梯スカイライン。二本松より東北道で帰路。ただいま宇都宮ですがなんという晴天でしょうか。終わり良ければすべて良しとはいいますが、ねぇ?
それにしても暑い。現在33℃だとか。後生掛温泉の蒸し風呂を思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北で。6

Image

蔵王はまたしても暴風霧でした。敢え無く撤退。
その後、旅の〆はやはり福島!と、三大ライン➕1を走り回りましたらいやはや疲れました。で、こんなことに。

Image_2

「ツインだから広いですよ〜」ってフロントマンは言うけどさ、一人で何をせいと。
ちなみに先客にW6が1台。ご縁があればお話しできましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東北で。5

念願の八幡平アスピーテラインを走破後は、花巻〜遠野を経て釜石へ。最初に
目に飛び込んできたものは仮設住宅でした。至るところに、です。そうして大槌、陸前高田、気仙沼、 志津川、女川、石巻と、被災地を周りました。写真はこの、最初に手を合わせたところでの1枚しか撮りませんでした。

気の効いたことは書けないな。とにかく、見るべきです。特に若い方々にこそちゃんと見てもらいたいな。そうして自分の頭と心で感じて、考えて、それを意志に変えて、さらにはその意志を行動に変えて行けるような、そんな大人になってください。

Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北で。4

Image

不老不死温泉で万歳。
その後の竜飛岬は残念ながら霧の中。


Image_2

旅には色々なスタイルがあって。ヒッチハイカーの小僧がようやくクルマを捕まえた模様。達者でな。
かくいう自分は 少々旅疲れ。本日はキャンプをやめにして、これから後生掛温泉へ。八幡平を前に体制を取り直します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

東北で。3

Image


男鹿半島を一周。こじんまりとしていますが素敵な土地。南側は海に面した断崖上を走るので、そのアップダウンに合わせ目に飛び込んでくる景観がいちいち素晴らしい。晴れたしね。


Image_2

海沿いの崖上でキャンプ。日本海に沈む夕陽を拝めそうですが夜から雨だとか。
必殺のドカシートで一工夫。ただし、伝い落ちる雨の道筋に一抹の不安も残りますがまあ風呂行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北で。2

Image


R108で東北を襷掛け。 キルヤムヌグフル。鳥海でしこたま降られ、山中に戻ったところの猿倉温泉に駆け込む。
明日も雨。雨の中、男鹿半島をめざします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北で。1

Image


安達太良高原の無料キャンプ場。雨降りそう。そしてまた虫(今度は蟻んこ)に喰われる。
こうして自分の夏休みが静かに始まりました。


追記
只今20時過ぎ。夕立のち雨。テント浸水中。
どうやらそういうことらしい。
嗚呼東北よ今年もか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »