« 冬の... | トップページ | 歳末多事多端 »

炬燵手袋のその後

2013121302

 しょせんバッテリー搭載型、その発熱量や持続時間はいわずもがな。それでも冬のバイクでの、あの千切れんばかりの指の痛さからはひとまず開放されます。ともあれ“暖が取れる”レベルではないことも確か。単に“秀逸な新素材冬用グローブ”とでも捉えておくほうが無難なのではないかと思います。購入をご検討されている方は。
 何気に蒸れますし。また指先の電熱線?がシフト操作時に邪魔になります(痛いです)。自分は巧く逃がすコツを覚えましたが、操作の度にいちいち余計な神経を使うことにもなります。
 バイクから電源を取れば(別売りキット有)パワーも時間も気にならないのでしょうが、点滴のように思えるので(笑)自分は却下。
 あとはそう・・・1番の利点は手の甲側が冷えないことでしょうか。この点はグリップヒーターに勝っています。勝ってはいますが、費用対効果その他諸々鑑みるに・・・やはりグリップヒーターの方にその軍配が上がるかなぁ。

 悲しい時。
 電熱グローブの、
 その片手だけ、先に逝った時。
 (by いつもここから)

|

« 冬の... | トップページ | 歳末多事多端 »

コメント

悲しいとき~

マジっすか!?(笑)…いや、失礼。

投稿: おっとろっしゃ | 2013年12月14日 (土) 11時13分

>おっとろっしゃさん
マジなんすよ。左手だけ、先に...(壊れたのではなくバッテリー切れです)

もはやハンカバか・・・

投稿: tetsu | 2013年12月14日 (土) 22時04分

「悲しいときぃ~」受けましたわ。
こちらは遂に積雪です。
忙しいやら、寒いやらでバイクは冬眠確定っす。

投稿: 風來坊主 | 2013年12月15日 (日) 08時40分

>風來坊主さん
笑いこそ全て(笑)。

冬眠。
鉛色の鬱屈した信州の空を想い出しました。
でも、だからこそあの輝かしい嬉々とした春が!
ということで春まではこちら、風來さんの分まで頑張って乗っておきますネ。

投稿: tetsu | 2013年12月15日 (日) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160265/58749195

この記事へのトラックバック一覧です: 炬燵手袋のその後:

« 冬の... | トップページ | 歳末多事多端 »