« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

我がGW

2014042901

 GW期間中、唯一の休みの5月1日はどうやら雨らしい。ま、仕方あるまい。

 それにしてもこの春風に棚引く鯉幟の、なんと和やかなことよ。

2014042902

 迷子になることを望むかの如く、林道を出鱈目に走る。

 時折出くわす隧道が愉快だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

半休

2014042401

 早朝、ラジオを聞きながらプラグ交換を実施。タンクを外すには、ボルト2本に、ポンプ部と、配線カプラー2箇所と、 それにゴムホース2本を外すことが必要。慣れれば無問題。

2014042402

 プラグを抜くには細っこいプラグレンチが必要。保管しておいたW6の車載工具を使用。W8には付属されなくなっています。
 で、焼け具合。・・・・・分からん(笑)。

 手締め+程度に締め込んで、ハイおしまい。

2014042403

 続いてエアクリーナー・エレメントの交換。いつも通り、右側はご覧の通りのオイルまみれ。ついでに抜いてみたドレンホースからもそこそこの量のオイルがポタポタと滴り落ちました。

2014042404

 左が今までの黄色い起毛状のエレメント。右が現行品。ただの黒いスポンジに変わってしまいました。これでは次回、その汚れ具合が測れんな。

 ちなみにエンジンオイルは相変わらず、その使用が3,000km近くになると如実に減っています。ただし何でしょう...現在走行28,000km強ですが、油温の上昇が以前より落ち着いてきているように思います。これまでは気温が高かろうが低かろうがあっという間に120℃に到達し、渋滞では140℃を振り切っていたのですが、最近はと言えば低いと80℃前後、上がっても120℃辺りで落ち着いている。不思議と言えば不思議ですなあ。

 さて。これからネクタイ締めて休日出勤です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春の散財2014

2014042101

 結局のところ、落ち着くところに落ち着く。

 とはいえ...

2014042102

 誘惑未だ強し。

 遅疑逡巡。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風薫る~

2014041701

 ~5月まで、もうあと僅か。

 早いのう...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の物欲

 この春は大なり小なり私生活に変化があった。自分の場合、ストレスは浪費行動へといざなう。今宵、この疲れたこころと身体とは裏腹に、隆々と物欲がその頭を擡げてくるのであった...

2014040901

 W6時代は今は亡きライダーズブティック製の“リア・フェンダーブレース”を装着していた。サイドバッグのサポート代わりにもなるそれは、“クラシカルなサイドバッグサポート”と呼称を変えつつ他社製ながらも現存している。

2014040902

 単純にかっこいい。フィンの間隔はシリンダーのそれと同じだとか。そこもまた、いい。

2014040903

 
 ワイバンの独立管には惹かれるものの、エキパイのR具合とサイレンサーの長さがいまいち。結局これも、W6時代に続きBEETが良かろうかと。色気を出してチタンを選択。

 ・・・というところで我に返る。
 危なかった。今年の自分はチト違うのだ。

 多分...

201404131

| | コメント (9) | トラックバック (0)

春爛漫

2014040801

| | コメント (0) | トラックバック (0)

41st TOKYO MOTORCYCLE SHOW 2014 vol.2

2014032901

2014032902

2014032903

2014032905

2014032813

2014032907

| | コメント (4) | トラックバック (0)

sakura

2014040211

 つい先ごろ開花したばかりのものと思っていましたがもう満開なのだとか。まったく桜は油断ならないな。ということで日の出と伴に5時半の出発。

2014040202

 ぼんやりとした春の朝、ぼんやりと浮かぶ桜の花。

 やあ本当・・・満開だ。

2014040203

 未だ寝静まった街中の桜並木。これもまた善哉。

2014040204

 続いて地元で有名な桜の名所まで足を延ばす。ほほう屋台も出ているのか...さぞや賑やかな事になるのでしょうな然る後には。お巡りさんも大変だ。

2014040205

 ここは九分咲きくらいか。

2014040208

 日が昇るにつれ続々と集ってくる人々。

2014040206

 

2014040210

 斯くして今日も一日が始まるのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »