« 晩夏へ 其の弐 | トップページ | テントのはなし »

贈る言葉

20140825

 

 玉磨かざれば光なし

 と思うぞ。

 別にこの、汚れたままのバイクのこと、じゃない。

 

 いつかまた逢おう。必ずな。

 いままで本当に有難う。

 

                               何処ぞの若造へ

 

 

|

« 晩夏へ 其の弐 | トップページ | テントのはなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160265/60204401

この記事へのトラックバック一覧です: 贈る言葉:

« 晩夏へ 其の弐 | トップページ | テントのはなし »